├okano

【リノベ向き物件】新古の流れを感じる暮らし

ブルーボトルコーヒーで注目され、新たな流れができつつある街、清澄白河エリア。
街を歩けば江戸の風情も感じられるこのイーストトーキョーで新たな風を感じながら
暮らしませんか?

建物の場所は、清澄白河から小名木川を越えたところにあり、新宿線/大江戸線/半蔵門線の
3路線が利用出来る通勤にもお出かけにも便利な立地です。

今回のお部屋は南側にバルコニー、西側に窓のある約57㎡の角部屋。
1フロア2住戸なので、お隣さんをそんなに気にせず過ごせそうです。
水廻りが1箇所にまとまっているので、リノベーションでどんな間取りにするのか!?
設計からの提案が楽しみになる物件です。

4年後の東京オリンピックに向けてこれからますます注目されそうな気がしますが、
江戸時代から庶民が暮らしたこの下町エリアが再評価され、新たな流れが生まれつつある
その背景には、ゆったり過ごせる環境や時間があるのでしょうね。

川があり、緑があり、文化もありの下町で、変わらない情緒と進化し続ける街並み。
その両方を感じながら過ごす暮らしはいかがでしょうか?

》》》新古の流れを感じる暮らし

(okano)

blog_case47_600_100