ちょうどいい収納|LiVES発売

すてきなタイトルですね。

「好き。」と暮らす家/ちょうどいい収納

どちらの特集も惹かれます。

趣味のための家だ!と断言できるようなお宅もありました

個人的には検番(芸妓さんの稽古場や派遣する場所)として建てられた建物をリノベーションした一軒家が面白いなーと。

お宅訪問してみたいです。

LDKの広さは123平米ですって!キャ。家かな?本当にこれは家なのかな?と思うような開放的なお宅で素敵です。

 

img_0031

ちょうどいい収納特集にEcoDecoのお客様のお住まいが掲載されています。

誌面にも登場されているK様は、設計当初から「収納」についてのリクエストがほどんどだったんです。

掲載誌面と取材当日のレポートを交えてお伝えしたいと思います。

 

これいいね。300円ショップで購入したボックス収納

ダイニング近くのワークテーブルの下には、300円ショップで購入したという収納ボックスが12個も。

img_0034

これ、いいなーと思って、私も写真を撮っていました。

中に入っているものがわかるように、と付けたタグは100円ショップで購入したものをベースに、手作りしたのだそう。

収納家具を購入してしまうと、可変性が低いので、ちょっと物が増えた!というときに買い足せるような小さなボックスのほうが生活スタイルに合っているのでしょうね。

私もそうです。←理由は模様替えをしすぎるから、ですが、結果的にボックス収納が多いのは一緒です。

 

img_0035

 

もっともっと収納のこと、たくさん書いてあります。

img_0032

ピンポイントでご紹介しましたが、実際には壁一面のオープンな棚や繊細なフレームだけのクローゼット。豊富な玄関収納などなど。見どころが多い記事になっています。

掲載されているK様邸のインタビュー記事はこちらです。

青と赤がテーマカラー ビコロールの家

 

blog_case47_600_100

関連記事

お客様宅訪問|月日の流れで深まる味わい... ちょっと前になりますが、お客様のお家にテレビ取材前の事前説明...
壁一面の本棚・土間・縁側がある家☆事例を公開しました... こんにちわ。 お引渡から1年が過ぎたM様邸、事例を公開...

├amaiカテゴリの最新記事