スタッフamaiの家づくりと日々の暮らし。

スタッフ自宅リノベ日記■追加工事編-3.キッチンに大理石

2016年に、キッチンをバージョンアップしました。工事は2つ。「天板に大理石を貼る」と「モルタルの塗り替え&塗料の変更」です。
以前から気になってはいたものの、何せ工事をするということはキッチンが使えないということなので、踏ん切りがつかなかったのです。

大理石キッチンを手に入れたい!

思い起こせばリノベーション当時、夫は大理石の天板がいいんじゃないか?ということを言っていたなぁ…(遠い目)
モルタル天板のキッチンは気に入っていたものの、一部ひびが入ってしまったり、パンが作りたいなーとかいろいろな理由から「大理石の天板にしたい!」という思いが強くなりました。
早速いろいろと自分で調べてみた結果、希望のサイズにするには15mm厚になってしまうとのこと。うーん、なんだかちょっと違う。
細かい話、隣り合わせになるコンロの立ち上がりと同じにしたかったんですよね。
そんな話をいつもの工務店YeTさんにしたところ、「ちょうどいいのがみつかった」とのこと。
色はグレーで我が家のキッチンにあいそうですし、なにより6mm厚。完璧じゃないですか!
割れないのかな?と心配になりましたが、おすすめできる秘密は裏面に補強がされているから薄くても丈夫なものなんですって。
たまたま何かで余ったものということで、格安でお譲りいただきました。
ってことで、進めていただくことにしました!

 

何でモルタル塗り替えたの?

理由は「汚れたから」です。当初、壁に使っていたモルタルの上の塗料は、質感がマットでとっても気に入っていたものの、熱に弱くて油はねの後が残ってしまっていたんです。
やっぱり日々使っていると、汚れてしまいます。一度ついてしまうと、拭いて取れるようなものではないので我慢していました。
工務店のYeTさんと相談したところ、モルタルの上塗りをしてから、クリア塗料を塗りましょう。ということに。前回とは仕上がりの質感が違うグロス感のあるものです。

工事は、半プロ任せ、半DIYで

まずは、モルタルの上塗りはシロウトには無理なので、プロにお任せ。うんうん、やっぱり綺麗です。
初日は、これで終了。明日になれば乾くので、クリア塗装をします。

クリア塗装は自分でDIY

節約のためにクリア塗装は自分でやりました。ちょっとレクチャーを受けて。
一定方向に塗り塗り。はけ跡がある感じでいいそうです。
2回塗って、できあがり!
味があって、いい感じ!
施工から4ヶ月が経過した本日の様子。
油はねもないし、掃除もしやすいです。日々、「私が塗った」と思いながら壁を見つめる自分がいます。
愛着がより一層湧いてます。
オリジナルキッチンのいいところって、一度工事して終わりじゃなくって、使ってみて「もっとこうしたいなー」という要望があれば、バージョンアップさせられる余地があるというところだと思っています。
既製品だとここまで融通きかないですもんね。
そうそう、ちょっとご報告。
先週末、あるWEBメディアさんの取材を受けました。その時に、夫婦それぞれのお気に入りの場所を聞かれたのですが、お互いに「玄関に入った時のキッチンの眺め」が好きだということを初めて知りました。
植物の配置に気を使っていた場所だったので、なんだか嬉しかったり。
=================================

【EcoDecoスタッフamaiの家づくりblog 目次】

=================================