レポート|暮らしとつながる vol.7-好みを知って広がるワイン

4月20日(土)に、EcoDecoでリノベーションをされたお客様と一緒に【暮らしとつながるvol.7-好みを知って広がるワイン】と題したワークショップをStudioEcoDecoで開催しました。今回は、「ワイン」がテーマ。

赤、白、ブドウの品種や産地など、つきつめていくと奥が深いワインの世界。「ワインは好きだけれど難しそう」と思い込んで、お店でなんとなくワインを選んでしまっている…。きっと、そんな方が多いのではないでしょうか。自分の好みの味を知ることで、ワインのある暮らしをもっと楽しめるようになるワークショップを開催しました。

講師は、EcoDecoのお客様

茂内 亜希子さん

今回もEcoDecoでリノベーションをされたお客様・茂内 亜希子さんに講師をしていただきました。茂内さんはワインの世界に魅了され、今年の3月で出版社を退職したばかり。現在、ワインを楽しめるようなご自身のお店をオープンするための準備をスタートされたところです。

フランスの地図を描いて

準備中!

△こちら何に書いているかわかりますか?ホワイトボードかと思いきや、よく見たら模造紙でした。模造紙には茂内さんが手書きでフランスの地図を描いていました。理由は、今回テイスティング用に用意されたワインの多くがフランス産だったから。着々と準備は進みます。

さぁスタートです

設計を担当した齋藤

会の口火を切るのは企画をした齋藤。今回のワインワークショップは、「暮らしとつながる」らしく、ワインを暮らしの中に取り入れやすいように、1本1,500円以下のワインを多くご用意していただきました。

 

チーズはワインに合わせて

チーズは、茂内さんが豊洲市場で仕入れてきてくださったもの。癖のあるチーズが苦手な方でも美味しいと思っていただけそうなものでした。持ち寄りパーティの時に、ちょうどよさそうです!

 

白ワインのテイスティング

白ワインから

1〜3の番号を振られたグラスにそれぞれのワインが注がれます。みなさんがワインを口にした瞬間から、緊張気味だった空気が徐々に和らいだのがわかりました。そうそう、いい感じです。
私たちスタッフも同じものをいただきました。いただいてみて驚いたのは、それぞれの味の違いがはっきりしていたこと。

原料のぶどうはリースリング、ソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネ。それぞれ近くの方と感想を言い合いながら、会は進行していきます。本来、テイスティングのワインは飲み干す必要がないのだそうですが、美味しかったので「もったいなくて捨てられません〜!」ということで、ほとんどの方が全て召し上がっていました。乾杯用のワインやおまけのワインと合わせるとこの時点で5杯も飲んだことに…!

後半は赤ワインを

もう、この頃からみなさんほろ酔いで、質問も次々と。盛り上がりすぎてワインの説明がなかなかできず、中には先に全て飲み干された方も。美味しいと思っていただけてよかった。おかわりもありますよ。じゃあ、5番を。なんて会話も楽しいひと時でした。

 

産地の話から、味の話、レストランでの価格設定の話まで…多岐に渡りました。

ちょっとした豆知識として…ワインを変える時にグラスはどうしてますか?替えがある場合は別として、洗うか洗わないか迷いますよね。味が混ざっちゃうのも気になったり。…でも、これ洗う必要はないんだそうです。ワインは、水を使わない唯一のお酒。お水の味が混ざってしまうのはNG!洗ってしっかり拭きあげないくらいなら、多少混ざってしまってもワイン同士が混ざる方がベターなんですって。

みなさんは、どんな時にワインを飲みますか?

レストラン?ホームパーティー?いつもの夕食?…全部!という方もいらっしゃるでしょうね。ワインは奥が深いですが間口も広いんです。暮らしの中にぜひ取り入れていただけたらこんな嬉しいことはありません。

今後も、「暮らしとつながる」ワークショップを定期的に開催してまいります。

あ…そういえば!1月のワークショップで仕込んだお味噌がそろそろ食べられる様になる頃です。ご参加してくださったみなさーん!お家のお味噌はどうなっていますか?

 

関連記事

参加者募集中|暮らしとつながる vol.8 WABARAの花束づくり... EcoDecoのお客様やお友達の方を対象に日頃の感謝を込めて...
レポート|暮らしとつながる vol.8-WABARAの花束づくり... 6月22日(土)に、EcoDecoでリノベーションを...
レポート|暮らしとつながるvol.4-植物と仲良く暮らす... 10月21日(日)に、EcoDecoでリノベーションをされた...

暮らしとつながるワークショップカテゴリの最新記事