【物件紹介】下町と郊外の開放感

路面電車が走っていたり、駅前でおばちゃんが野菜を売っていたり、昭和の風情たたずむ街、町屋。
そんな町屋にある緑豊かな大規模マンションの100平米超えのお部屋をご紹介します。

その下町感漂う景色からは
千代田線一本で霞ヶ関まで17分と、
都心へのアクセスの良さもこの街の魅力の一つ。

そんな町屋の物件に更に郊外の様な開放感と言う
気持ちよさが加わってしまったら…。
そんなハイブリッドな物件が出てきましたよ。

通常マンションと言えば縦長の長方形で、
短い辺の側に採光面があってどうしても窓の無い部屋が
中央にできてしまって…となりますが、
どちらかというと正方形に近いプラン。

100㎡を越える広さでもたっぷりの採光面からの
光に満たされたリビングが気持ち良さそうです。
真ん中に島のように水回りが配されているので、
回遊性のあるプランも気持ちよさそうです。

このマンション、複数棟から成る団地系マンションで、
敷地には豊かな緑があり、その先にあるのは隅田川…
という自然に恵まれた立地なんです。
一瞬、ここが都内であることを忘れてしまうような場所。

都心近くにぽっと寄り添う穴場の街で、
下町と郊外の開放感を両方楽しむ暮らし、
始めませんか?

▽▽▽物件の詳細はこちら▽▽▽
下町と郊外の開放感

関連記事

【リノベ向き物件】もう一声と3.3mの天井... お客様に 「駅からの徒歩ってどの位までが許容範囲ですか?」...
団地×みかん お客様と話しているとき 「団地」というキーワードが出てきたと...
【福岡物件】秘密の中庭@桜坂 将来住みたいお家がまた増えてしまいました。 静かなのに...

リノベーション向き物件紹介カテゴリの最新記事