住居者構成 : 一人暮らし

面積 : 40〜60㎡

趣味を楽しむ暮らし

3 / 3

40㎡の住まいにホームシアターを
こだわる男のリラックスハウス

シンプルなシステムキッチンに+αが正解!

—キッチンは減額の為にシンプルなシステムキッチンにしましたね。

T様:そうですね。使い勝手的にも金額的にも満足しています。2.4mのキッチンは、一人暮らしには十分すぎる大きさです。

—このキッチン対面式にして、腰壁の部分にはヘリンボーンのフローリングを貼りました。システムキッチンで安価に抑えながら、対面からの見え方が部屋に馴染む様な工夫です。

T様:実は床にヘリンボーンのフローリングを使いたいという憧れもあったんです。でも思い入れのあるニシアワーの間伐材の杉フローリングも外せなくて。そんなことを初めの打合せで少し話をしていたのですが、設計が進んで行った頃にこのヘリンボーンのフローリングをキッチンの腰壁に貼りましょうという提案を頂いて。覚えていてくれたんだ!という思いと、憧れのヘリンボーンのフローリング!という思いで興奮していました。ちょっとしたサプライズでしたね。丁度部屋のアクセントにもなっているし、憧れという思いもあるので、とてもお気入りです。友人を呼んでホームパーティをすることもあるんですが、会話に参加しながら料理が出来るというのも対面キッチンならではですね。孤立した感じにならないので。

—ホームパーティ、良いですね!スクリーンに映画を大画面で写しながら、というのも楽しそうです。

▶︎キッチンの中に入ると、シンプルで使い勝手の良いsanwacompanyのシステムキッチン。
▶︎ヘリンボーンのフローリングを使ったカウンターデザインは、空間へのなじみがよく、大正解。

脱衣室と廊下を兼ねた一石二鳥な洗面室

—元々のお部屋の間取りが浴室と洗濯機と洗面が1室になっていたんですよね。T様はこれがとても気になっていらっしゃったんですよね。

T様:そうなんです。売り主さんの不動産仲介会社の担当者が「色んな人が見たけれど、この1室から洗面と洗濯機を出すのは不可能です」というコトを言っていたんです。でもEcoDecoさんに実際に見てもらった所、洗面と洗濯機をこの1室から出す事が出来ると言って頂いて。これが出来ないままだったら買っていなかったですし、EcoDecoさんに見てもらって助かりました。

—売り主さんの不動産仲介会社は、いわゆるリフォームしか頭に無かったんだと思います。フルスケルトンにしてからのリノベーションならではだからこそ実現出来た間取りだと思います。ただプランニングでは、洗面脱衣室を取ろうとすると、どうやっても玄関の正面に来てしまって、これも頭を悩ませていました。それを解決するために、パッと見は廊下だけれど、実は洗面脱衣室という、個性的なプランになりました。

T様:このプランを見た時に、抵抗感はありました。けれど、限られた面積の中で、元々のお部屋には無かった洗面脱衣室を取ろうとすると、面積的にももったいなかったですし。実際住んでみると、全く支障ありませんね。むしろ、面積的に少しでも節約出来たので、とても良かったです。それと、元々の間取りで浴室と洗濯機と洗面があった1室が浴室だけになり、広く取ることが出来ました。実はこの広い浴室、気に入っているんです。今までは浴室で長湯することなんて無かったんですが、今では浴室で本を読んでしまうくらい長湯してます。平日の帰りが深夜ということもあり、ゆっくり疲れを取る事も出来てとても助かっています。

—結果的には良いコト尽くめの間取りだったんですね。

▶︎引き戸を開けている状態。
▶︎引き戸が隠れており、閉めると脱衣室ができる。

「家に帰りたい」と思える心地よい住まいづくり

—こちらに住まわれてからライフスタイルに変化はありましたか?

T様:長風呂になったというのもあるのですが、一番は「家に帰りたい」と思う様になった事です。仕事柄、深夜まで働いているので、前は「家に帰らなくても良いか。」と思う事がしばしばあったのですが、今は、どんなに遅くなっても「家に帰りたい」と思う様になりました。広めのお風呂で疲れは癒されますし、スクリーンで好きな映画等を見ていると気分転換にもなりますし。やっぱり家に居るときが一番心地良いんですよね。好きな物や憧れのもの、思い入れのある物に囲まれた生活が実現出来てとても満足しています。

ーこれから、やってみたいことなどはありますか?

T様:最近では、ハンモックとか懸垂棒も付けたくなっています。好きな絵も飾ってみたいですし。まだまだこれから徹底的に住み倒して行きたいと思っています。

—約半年間を掛けて打合せを重ねた結果出来上がった住まいですので、愛着がある証拠ですよね。これからもT様らしい住まいになって行けばと思っています。
本日はお忙しい中ありがとうございました。

▶︎シンプルながら、広くてリラックスできるというバスルーム。

Before After 平面図

設計者 岡田より

 width=
40㎡という限られた面積の中で、ホームシアターや本棚を造り、浴室の中にあった洗濯機と洗面を外に出すという、通常のやり方では絶対に収まり切らないこの計画。どうやって無駄をなくし、何と何を兼用出来るのかを整理して行く事が一番の肝でした。

そこでひらめいたアイディアが廊下と洗面脱衣室を兼用する事、ホームシアターのスクリーンを寝室との仕切りにする事、本棚の一角にプロジェクターを入れてしまう事でした。

出来上がった住まいを見ると、さも当然の様に馴染んでいるので気付きませんが、これらのアイディアを駆使した結果の住まいです。これからも、憧れの物、思い入れのある物、好きな物に囲まれた暮らしを満喫して頂ければと思います。

MEDIA

MonoMax特別編集 100ROOMS(宝島社)
2016年4月
表紙掲載&事例としてご紹介いただきました。
Monomax100ROOMS表紙

3 / 3

まずはリノベーション相談室へ

リノベーションに関するあらゆるご相談に、幅広くお答えします。
リノベーションコーディネーターが無料個別相談会を行っていますので、
お気軽にご予約下さい。
まずは、お茶でも飲みながらじっくりとお話してみませんか。

リノベーション相談室へ

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア