1 / 3

石神井公園団地

はじめに

「最初は団地を購入して住もうなんて考えてなかったんです。」
「でもこの団地に内見に行った時に心を奪われてしまったんです。団地の傍にあるヒマラヤ杉と緑の環境に。」
今回ご紹介する団地に住まわれている住人の方に、声をかけて聞いたお話です。販売図面をみてもそれほど興味が湧かなかった物件に、一回内見に訪れると一目惚れしてしまうことって、意外とあります。

その物件のどこに一目惚れするか、それは人それぞれ。
ただ、この石神井公園団地の場合は、その自然豊かなゆったりした環境の魅力に恋してしまう人が多いのかもしれません。今回の団地紹介では、住民が愛してやまない石神井公園団地の魅力に迫っていきたいと思います。

石神井公園団地とは

▶︎棟同士の間にも広いお庭が。

石神井公園団地自体は、昭和42年に公団が分譲しました。総戸数490戸の大規模団地です。
西武新宿線の「上石神井」と西武池袋線の石神井公園駅のちょうど中間に位置しており、石神井駅から団地へは徒歩10分。反対側の石神井公園駅からは徒歩19分の距離にあります。
都心からの程よい距離感や、自然環境・生活環境のよさから、親子2代で団地内に居を構える親子も多いとか。安心して暮らせる居心地の良さがあるのでしょう。

石神井公園がすぐそばにある

▶︎ボートもある石神井公園。釣りしたいな〜と思ったら、思いっきり「つり禁止」と書かれていました。ちゃんと釣り堀があるので、そちらで釣りましょう。

石神井公園団地を語る上では欠かせないのが、石神井公園。この公園についてご紹介します。石神井公園は、石神井池と三宝寺池という武蔵野三大湧水池の一つがある場所。広大な池なのでボートなので散策することもできます。また園内には釣り堀や売店、テニスコートや野球場、アスレチックなど充実して一日遊べるスポットです。

またふとした時に公園までジョギングができそうなのも魅力ですね。ちなみに、こちらの釣り堀ではヘラブナが釣れるそうですよ。公園を訪れる際のオススメなのは夕暮れの時間。夕日に照らされた池を眺めながらお散歩なんて、とても素敵です。

▶︎石神井公園に寄り添うようにある禅定院。手入れされたお庭を見るだけでも心が落ち着くという不思議。

また石神井公園の隣には禅定院という由緒正しいお寺もあります。禅定院は約600年前に創建されたお寺で、マリア像に似た石彫りがされている「キリシタン灯籠」があるので有名です。梅や桜の季節になると山門がとても奇麗になるそう。石神井公園の散歩ついでに寄ってみたいですね。

▶︎石神井公園を抜けると石神井川が見えます。訪れた時はちょうど桜が散り始めたころで、桜の絨毯がきれいでした。

石神井公園を抜けた先には石神井川沿いに連なる桜並木があります。春になれば満開の桜が咲き誇りますし、新緑や秋の季節も、樹々が風に揺られる様子が楽しめそうです。また歩いていて気づいたのは、平日の昼間にも関わらず川沿いを散歩する地域住民の人たちの多さ!皆さん思い思いに、桜を眺めたり、川を眺めたり、ポーッと過ごしていたり…。石神井川が石神井公園と共に地域の人たちに愛される空間なのだということがよくわかりました。地域住民に愛される公共空間の存在は、そのコミュニティを豊かにすること再確認できた日でした。

1 / 3

まずはリノベーション相談室へ

リノベーションに関するあらゆるご相談に、幅広くお答えします。
リノベーションコーディネーターが無料個別相談会を行っていますので、
お気軽にご予約下さい。
まずは、お茶でも飲みながらじっくりとお話してみませんか。

リノベーション相談室へ

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア