新しい現場が始まりました。

新しい現場が始まりました。

現場が始まってまずすることと言えば…、
そう、解体作業です。

解体の現場はいつ行っても、僕にとっては魅力的なものであふれています。
ガラクタと言ってしまえばしまえばそれまでなのですが…。

躯体に直貼りされていた壁紙を剥がした跡や、
接着剤を刷毛の様なもので勢い良く塗った跡、
切断されたガス管や躯体の表情等、
きれいに見せようと意図されたものではないので、
かえって素材そのものの力強さがあるんです。

もちろん、そのすべてを生活の中に取り入れるときっと、
極端に荒々しくなってしまうのですが、
そんな物たちを眺めながら、
これから実現されていくプランが間違いが無いかどうか、
何度も考えていると時間があっという間に過ぎていきます。

(kobayashi)

関連記事

丸裸になっちゃいますが。 リノベーションコーディネーターの私。 いよいよ、明日、自宅...
場所が変われば見え方も変わる 先週の私のブログでは、躯体に書かれた文字について書きました。...
K様邸@鶴見リノベーション工事 その3... 本日はK様邸@鶴見、造作工事のようすをレポートいたします。 ...
K様邸@鶴見リノベーション工事 完成の巻2... 本日はK様邸@鶴見、完成のようす第2弾をレポートいたします。...

レポート|進行中!リノベーションの現場カテゴリの最新記事