驚きの天井高が発覚したリノベーション

驚きの天井高が発覚したリノベーション

先日、設計を終え、解体途中の現場に行って参りました。

設計期間中、ウンウンうなりながら竣工図と格闘した結果、

現状の天井を解体すると、驚くくらい高い天井高が確保出来るのではなかろうか。と、予想していたのですが、、、、、

さて、こちらが解体前のお部屋。

普通の天井高ですね。

そして、これが解体された後の様子。

ドーン!

驚きの天井高です。

最大で4.5m程度の天井が出現しました。

設計段階では、天井裏が隠蔽されていたので確証はなく、

おそらくこうだろうという推測のもと図面を書いていたのですが、

解体してみてほぼ設計通りという事が分かり思わずにんまり。

こちらのマンションは、このような驚きの天井高が確保出来たり、階段があったりと少し変わってます。

そして、ビニルクロスを剥がしたこのモルタルの質感。

このように、本来隠されている部分が露になったときってなんか良いですよね。

これに塗装したり、木を貼ったりと、仕上げをしていくのは、お化粧をしていく感じでしょうか。

こちらのお宅では、あまり化粧をせずに、スッピンを生かした設計としています。

壁式構造でしたので、大きな間取り変更は出来ませんでした。

平面的に大きなお部屋を確保する事も出来ません。

が、ここには驚きの天井高があります!!

このびっくりするくらい高い天井高を生かして、ロフトを作る予定です!

関連記事

【茗荷谷リノベーション】佳境に入る現場... >>>>>>>>>>これまでの茗荷谷リノベーション<...
サンプル作ってみました。 設計を進めていくなかでタイルなどのサンプル確認を行っているの...
運河に佇むリノベーション〜完成レポート vol.3〜... 運河沿いのマンションリノベーションプロジェクトももう少しで...

レポート|進行中!リノベーションの現場カテゴリの最新記事