まずは壊しましょう!!

こんにちはokanoです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、プランを進めるにあたり現場調査を行いました。

間取りの変更をする際は壁を躯体にビスなどで固定していくのですが、

このプロジェクトは特殊で(すごくレアだと思います!)

マンションの管理規約で「躯体にビスを打ってはいけない」となっているのです。

とてもとても厳しい、、、

 

そのため新しい壁などは接着剤を主に用いて立てて行く予定なのですが、

照明計画含め天井をどうするかが紙の上では全く決められませんでした。

そのため、調査のために部分的に解体を行ったのです。

 

解体してみるといろいろわかります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このマンションは一度リフォームがされているのですが、

その際和室を1室リビングにされています。

天井のボードを落としてみるとその跡が!

マンションに歴史ありですね。

 

さらには、建築図面に載っていた梁が出てこないということも判明!

かなり前進です。

 

 

現場を見たらおよそのことは分かるのですが、

リノベーションを行うにあたり、壊してみないと分からない事は

正直多いです。

 

躯体がキレイかどうかなどもそうですね。

塗りたくない躯体もたまにあるくらいですから。

 

 

さて、このプロジェクトはどうなるのでしょうか?

乞うご期待!!!!

okano

 

 

soudan600_100

関連記事

住吉リノベ現場レポvol.1:スケルトン こんにちは、kuwayamaです。 先日着工した、恩賜...
3世代をつなぐ団地リノベーション:床壁天井できてきてます!... こんにちはokanoです。 9月中旬頃のブログで墨出し確認...
【ピアノと暮らす、ゆったり過ごせる家】フルスケルトン!... こんにちは、kuwayamaです。 今日は雨が降り、と...

レポート|進行中!リノベーションの現場カテゴリの最新記事