住居者構成 : ファミリー

面積 : 61〜70㎡

団地マニア

1 / 2

スープの冷めない距離がいい 子育てしやすい団地リノベーション

「子育て環境を重視した結果」、奥様が育った千葉県内にある団地を購入してリノベーションをされたM様。今でもご両親が団地内にお住まいで、まさにスープの冷めない距離で生活をされているM様の団地暮らしについてお伺いしてきました。

Profile
30代ご夫婦+お子様の3人家族/@新浦安/76.34㎡/2014年12月竣工

BEFORE→AFTERの平面図はこちらでご覧頂けます。

自分が育った団地で子育てをするという選択

IMG_0304

ご主人:この家に住む以前に借りていた賃貸マンションがここの近くで、通勤に便利で気に入っていたエリアでした。それに、ここは妻が小さい頃から住んでいた団地なので、子育て環境のことを考えると、この場所が良いな、と自然と考えるようになりました。団地なので様々な年齢層の方が住んでいるんですが、近所の人とすれ違うと挨拶をする環境だったり、敷地の公園で遊ばせているとウチの子にも気遣ってくれたりと人と人のコミュニケーションがちゃんとある環境というのが大きいですね。それから、敷地内に公園や噴水、藤棚もありますし、緑も多く、リレー式に咲く花が変わっていったりと一年を通して楽しめる環境が近くにあるというのも良かった点です。駅周辺には他の団地もありますが、この団地が一番緑が多い団地なんです。

奥様:自分が住んでいた記憶もありますし、子供が将来自分が通っていた小学校に通うと考えるととても安心感があります。それに両親は今もこの団地に住んでいて、気軽に会える距離感だったり、敷地が広いので敷地内に遊び場が多く、エレベーターを出たらすぐに敷地内で安全に遊べるという環境は子育てを考えるととても良いことだと思います。あと、私は三姉妹なのですが皆近くに住んでいるので、23ヶ月に一度くらいのペースで姉妹勢揃いしていたりコミュニケーションの面でもいいですね。

IMG_0307

人が集まり、会話が弾む場所

IMG_0317

奥様:人が集まる家にしたいという思いがあって、なんでもできるくらい大きなダイニングテーブルを作っていただきました。食事をしている横でパソコン作業ができたり、子供を遊ばせたりといろいろな事が同時にできる余裕があるテーブルが欲しかったんです。このテーブルがあるのでママ友の集まりが我が家で行われたり、親戚も集まる場所になっています。設計の時にはダイニングとキッチンのつながりを何パターンも検討してもらいました。キッチンで料理をしながら子供がご飯を食べるのを気にすることができる距離感で、動線もよくて、とても暮らしやすくて便利です。

——テーブルの片側にはベンチシートにされていますが。

ご主人:これはもんじゃ屋のベンチをヒントにしてお願いしたものなんです(笑)。何人も座れますしベンチ収納になっていていろいろ仕舞うことができるんです。収納力はバッチリでまだまだ入りますね。

奥様:キッチンもベンチシートやテーブルと合わせてオーダーで製作をしてもらいました。ダイニングとキッチンが一体になっていて横並びのレイアウトなので、ダイニングテーブルをキッチンの一部として使うこともできますし、子供が見えるところにいてくれる安心感もあります。

IMG_0305

▶︎ダイニング 一言でダイニングテーブルとは言い切れないほど多機能なテーブル。ここは沢山の人が集う場所になっている。

M様邸ができあがるまで

1 / 2

まずはリノベーション相談室へ

リノベーションに関するあらゆるご相談に、幅広くお答えします。
リノベーションコーディネーターが無料個別相談会を行っていますので、
お気軽にご予約下さい。
まずは、お茶でも飲みながらじっくりとお話してみませんか。

リノベーション相談室へ

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア