自宅リノベと中古買ってリノベの違い(2)

自宅リノベと中古買ってリノベの違い(2)

こんにちはokanoです。

リノベーションを進めるにあたって、中古不動産を購入してリノベーションするのと、今住んでいる自宅をリノベーションすることは、大枠は同じなのですが、ちょっと違う点が2つあります。

・お金
・スケジュール

「自宅リノベ」の場合でも、その工事費用を住宅ローンとして借入ができることは前回の内容となりますが、自宅リノベの場合は少し勝手が違って、
・借換前の住宅ローンを設定した時から最長35年となるので、借換時から35年ではない!
・不動産側の絡みがないので、工事費用が明確になってからローン申請でも大丈夫!
という違いでした。

 

では、スケジュールの方はどうでしょうか?

=仮住まいが必要(これが大変、、)=
今住んでいる自宅をリノベーションする訳ですから、工事期間中はどこか別の場所に仮住まいをする必要があります。
工事期間はおよそ2ヶ月。その前後の引越なども考えると約3ヶ月になるので、その短期間限定で貸してもらえる住処を探すことになります。

我が家の場合、
・子供が小学校に通っており、グループが変わってもいつも通り集団登校をさせたい。
・我々も毎日通勤している訳ですから、今よりも駅からあまり離れたくない(徒歩圏内にしたい)。

そのような状況から「学区内」かつ「徒歩15分くらい」という希望で探そうとしたのですが、

「2月〜3月は賃貸物件の繁忙期だから、新年度になって賃貸の動きが落ち着いた頃に空いている賃貸物件に声かければ貸してくれるだろう。」
「GWくらいから探して、すぐに引っ越して、5月末くらいから工事スタートかなぁ。」
「5月末着工にするためには、5月中旬頃に工事契約だから、銀行のローン契約はGW明けから動いた方がいいなぁ〜。」

そんな考えでいました。

 

だけど、いざ仮住まいの賃貸を探そうとすると見つからない。。
全くと言って良いほど見つからない。。

GW明けの時点で空いている賃貸物件に問い合わせても、
「長く借りてもらえる方用に室内をキレイにしているから、短期間はちょっと、、、」
という始末。

たしかにそうなんですけど、、、。
我が家に限らず、リフォームなどで仮住まいを余儀なくされている方々はどうやってこの問題をクリアしているの???
と困惑してしまいました。。

もちろんEcoDecoのお客様で自宅リノベをされた方もいるのですが、その方は近くのURで仮住まいをされています。
私の住む街にもUR賃貸物件はあるのですが、それだと小学校から離れてしまい学区外。。
いきなり小学2年生に学区外から一人で登下校させるのは何かと怖い、、。

いきなりお先真っ暗状態となり、困ってしまいました。

 

困っていても何も始まらないので、やる事といったら「数打てば当たる作戦!」
結果、功を奏して貸してもらえる物件が見つかったのです!

これも不動産購入の時のような偶然に助けられたのですが、
空き物件の問い合わせをしたら、

「確かに空いてますけど、長く住んでもらえる方用にキレイにした部屋なのでちょっと、、。
でも、同じマンションで今新築建てている人が別の部屋に住んでいて、その方が出た後ならその部屋を貸せますよ。」

え!
マジ?
それっていつですか??

「7月末に新築が完成すると聞いていますが、工事は予定通りには進まないからねぇ」

・・待ちます!
その方退去するまで待ちますので、次貸して下さい!!

そのような感じで、転居先が仮決定した訳です。

銀行の担当者と工務店には、5月末ではなくお盆頃になると連絡し、関係しそうな外堀を埋めていく始末。
そして、消費税8%のうちに工事をしたかったのですが、消費税10%になってしまうことも確定。。

それでも仮住まいが見つかって本当に良かった〜、ラッキーだったなぁ。
と思える心境でした。

 

自宅リノベの場合、工事時期は仮住まい先が見つかるかどうかによってスケジュールが大きく変わってくる可能性があるので、要注意です。

okano

 

>>NEXT(自宅リノベと中古買ってリノベの違い_3)

 

 

関連記事

S様邸@宮前平現場での打合せ こんにちはokanoです。   先週ご...
モルタルは割れるんです。 こんにちわ、okanoです。弊社のリノベーションは工事が...
照明器具選び こんにちはokanoです。   間...
ヤバイ、この時期は緑が気持ち良い!!... この季節がきましたね。 5月の緑が溢れるこの時...

├okanoカテゴリの最新記事