運河に佇むリノベーション〜2.フルスケルトンからのリノベーション〜

こんにちは。okadaです。

先週に引き続き運河に佇むマンションという
羨ましいくらい素敵なロケーションで
リノベーションをされるW様邸@豊洲のお話。

W様の英断で、設計がさくさく進み、
金額調整も終え、いよいよリノベーション開始です。

ということで、解体した後の様子。


凄いキレイな解体後!
ここまでキレイに解体できる物件は実は稀です。
自転車は、施工会社の担当者の自転車です。
空間に力強さがあるので、自転車がポンと置かれているだけでも絵になります。


写真右側の縦に通っている配管が、
PS(パイプスペース)と呼ばれる部分に入っていた共用部の配管です。
これは撤去してはいけません。

床も天井も壁も、竣工当時に戻ったみたいです。
この段階で、墨出し確認をEcoDeco、W様、施工会社で行います。
見えませんが、床に墨で壁の位置が書かれているのです。
それを図面と照らし合わせながらチェック。

施工会社の方も人ですので、間違いは起こり得ます。
(もちろん悪気はありません!!)
ですので、EcoDecoとお客様でチェックしていくわけです。
と同時に、お客様に部屋の大きさを実感して頂きます。


最近、中古マンションの広告にも「リノベーション済み物件!」と
でかでか書かれている物を目にしますが、
実際に部屋に行ってみると、
表面の仕上げを変えているだけだったり、
設備を更新しているだけだったり、
悲しいことにこれまでの「リフォーム」と変わらないお部屋があります。

弊社の場合、フルスケルトンリノベーションというと、
これらの写真のように、内装が一旦ゼロになります。

このゼロの状態から新たにお客様のライフスタイルにあった、
新しい価値を積み上げていきます。

次の記事「壁が立ち上がる」はこちら。

(okada)

blog_case47_600_100

 

関連記事

O様邸レポ 配線・壁工事 O様邸レポの3回目です 一気に工事も進み、床組み工事や壁を...
T様邸ビフォーアフター☆この家がこうなりました!バスルーム編... 先日、お引き渡しを終えられたT様邸の ビフォーアフターヾ(@...
ちょっかいを出す大切さ vol.2(現場出張編)... 皆さんこんにちは! 前回のブログはこちらから⇒ちょっかいを...
H様邸@鷺沼 ようやく全貌が見えてきました。... 4月から工事の様子をブログにupして来たH様邸@鷺沼。ようや...

レポート|進行中!リノベーションの現場カテゴリの最新記事