住居者構成 : 二人暮らし

面積 : 40〜60㎡

コンパクトに暮らす

商店街の真ん中に住もう
中野ブロードウェイでワインを楽しむ暮らし

ヴィンテージマンションの風格が漂うこのマンションを購入したK様。リノベーションテーマは「ヴィンテージホテル」。ご夫婦そろってお好きなワインが楽しめる様な、大人な雰囲気のリノベーションを実現しました。

Profile
30代ご夫婦
リノベーション費用 1000万円/@中野/広さ 55㎡

偶然に背中を押された、EcoDecoへの問い合わせ

—ヴィンテージマンションの風格漂う中野ブロードウェイ。建物自体がひとつの街のようで、何度来ても、わくわくします。K様がここへ辿り着くまでのお話を、遡って伺えればと思います。

ご主人:はい。僕たちは、前の家に10年住んでいたんです。30平米と狭かったけれど、居心地が良く気に入っていました。馴染みの店がたくさんの高円寺の商店街に間近の立地でしたし。でも、元々一人暮らしのために借りた家に二人で暮らしていると、ものが溢れて荷物が入りきらないようになってしまいました。

奥様:主人は物持ちなんです。毎週のようにネットショップから荷物が届くんですよ…(笑)

—ご主人は筋金入りのコレクターですね。荷物が溢れた不便さから、リノベーションに興味を持って頂いたのですか。

ご主人:はい。中古マンションのリノベーションに興味を持って、relife+(リライフプラス)を読んでいたら、EcoDecoさんを発見したんです。調べてみると、僕の勤務先の目と鼻の先にEcoDecoさんのオフィスがあった。その偶然に後押しされて、問い合わせをさせて頂きました。お話を聞いて、自由な設計が出来ることや、新築と比べトータルの費用が抑えられることに惹かれ、物件探しをスタートしました。

—その偶然があって良かった!お問い合わせありがとうございました。K様は今、本当に素敵に暮らされていますが、初めお問い合わせを下さった時点で住まいに対するイメージをどのくらいお持ちだったんですか?

ご主人:照明は絞りたい、黒が基調の家が良いなど要望はありましたが、実はその当時は、私たちがこんな住まいを手に入れるとは想像していませんでした。素敵な住まいを手に入れることができて、あのときEcoDecoさんへ問い合わせをさせて頂いて本当に良かったと思っています。

3ヶ月続けて、現実が見えてきた物件探し

—お正月から3月まで、じっくりと物件探しを進められましたね。

ご主人:徐々に現実が見えてきた3ヶ月間でした。エリアにこだわりはないとの考えでしたが、実際に物件を見てみると、見知らぬエリアでは暮らしのイメージがつかないことに気がついた。駅から遠く広い物件を見にいって、広さより利便性が重要だと気付いたり。
結果的には、長年住んで馴染みのあった中央線の、駅に近い物件が自分たちに合っていたのだと分かります。

—K様に限らず、物件に対し、初めから明確な要望を持てない方も多くいらっしゃいます。物件の紹介や実際の物件巡りなどを通じてご要望を深めて頂き、少しずつ希望に近い物件に近づいていって頂ければと思っているんですよ。K様の場合も、物件探しをお手伝いした数ヶ月の間でお住まいに対する要望がどんどん具体的になったと記憶しています。

ご主人:EcoDecoさんにはずっと物件の紹介を頂いていましたし、たくさん内見させて頂きましたね。住みたいと思える物件を見つけるのは大変でした。

—お付き合い頂き、ありがとうございました。「なかなかK様にしっくりくる物件がない」と感じていたところ、ぽんと、この中野ブロードウェイが市場に出てきたんですよ。

まさに一目惚れ。妻を説得して、購入にこぎ着けた!

—管理費が高い、築年数が古いなど気になるところもありましたが、物件情報を見つけた瞬間、内見中にK様のおっしゃっていたことが頭によぎりました。「商店街の真ん中みたいなところに10年間住んでいて、その立地をとても気に入っている」まさにブロードウェイはK様のご要望通りだと感じ、すぐにご紹介を致しました。

ご主人:EcoDecoさんから紹介を頂いて、「これだ!」と感じました。ここが著名人が多く住んだ個性的な集合住宅であることは知っていました。紹介頂いてから更にインターネットで調べて、こんな人も、あんな人も住んでいたのかと知り、より興味を持ったんです。早速数日後に内見をさせてもらって、理想的な四角いシンプルな箱により魅力を感じて。それからは、迷いを持っていた妻を説得し、購入にこぎ着けました。

—普通のマンションを見て回られていたK様が、ここまで個性的な物件を買われるなんて、担当の私にとっても予想外でした。CDやレコードを多くお持ちのK様ご夫妻のコレクター精神が、中野ブロードウェイが持つ個性と結びついたのでしょうか。

ご主人:そうかもしれません。山田さんに売主様側との交渉をして頂き大幅な値下げにも成功しました。おかげさまで、本当に良い買い物ができました。

—ありがとうございます。この物件は、セントラルヒーティングの配管新設工事費用の半分をを自己負担しなければならない条件付きでした。その自己負担額を含めて、売主様側に対して有利に価格交渉をすることができました。

ヴィンテージホテルがコンセプト ワインが似合う大人リノベーション

—1月から物件探しをスタートし、8月にようやく手に入れられたお住まい。新しい暮らしはいかがですか?

奥様:何もかもが今までと違います。家が狭く、家具を買うこともできなかったのに。今では製作家具や、黒に統一して買い替えた家電に囲まれて暮らしています。家全体に統一感があるから、少し散らかっても雰囲気が損なわれず、とても楽です。

ご主人:「ヴィンテージホテル」をコンセプトに進めた設計。設計内容にはこだわりもあったけれど、お任せにしたところが多かった。私たちの要望がよく取り入れられ、期待を越えるアイディアが詰まった家で、心地よく暮らしています。

—本、CD、レコード、DVDと沢山のものが壁面収納されているK様邸ですが、家の持つ力強さからか、雑多な印象が全くありませんね。

ご主人:そう言ってもらえると嬉しいです。でも実は、DVDが多過ぎて、収納棚が一列分足りていないんですよ(笑)近いうちに棚板の追加工事をお願いしたいと思っています。

—住みながらブラッシュアップしてゆけるのも、リノベーションの魅力ですよね。

家具の製作費用も住宅ローンで

—リノベーションを進めていく中で、これは困った!ということはありましたか?

ご主人:そうですね、住宅ローンの面でしょうか。

—K様の場合はリノベーション費用のお借入額を当初の予定額1,000万円から1,200万円まで上げられましたね。できれば物件の決済までの間にリノベーション費用の借入額を大まかに確定頂きたいところですが、設計が進むにつれてどうしてもリノベーション費用が上がってしまうことがあります。

ご主人:家具の製作費用や新調する設備家電の購入費用が予想外にかかることになり、「この費用を住宅ローンに組み込みたい!」ということになったんですよね。

—住宅ローンの魅力は他のローンにない金利の低さ。ご希望通りの金額を住宅ローンにてお借入頂けるよう、銀行へ再審査の依頼をし、無事承認を得ることができました。

ご主人:購入時の諸費用しか用意ができなくても、予算を気にせずリノベーションを楽しむことができた。EcoDecoさんに資金計画のサポートをして頂いて、とても心強かったです。

—ありがとうございます!

空間の能力を100%活かす、家具を含めた住まいづくり

—K様邸は、家具を含めた家づくりをされました。大勢集まって賑やかに過ごすことができる、お酒や音楽がお好きなお二人にぴったりのプランですね。

ご主人:はい。買うより価格も安くて、家にぴったりのものが製作できる。設計中に製作家具のある他の方のお宅を見せて頂く機会があり、これだと思い、家具の設計までお任せしました。その分トータルのリノベーション費用は上がってしまったけれど、買うよりは安いので良しとしました!(笑)

—造り付けの家具は全てがオリジナルですし、置き家具としては、大きなダイニングテーブルとソファが製作物ですね。55平米と決して広くないK様邸ですが、家具のサイズ感が秀逸で、空間の能力を100%活かしていらっしゃいます。

ご主人:設計中、ダイニングテーブルの幅の調整を数センチ単位でして下さったのが印象的です。今ここにある家具のサイズが最もウチらしいと、自信を持っています。

家が持つ、力強さ

—1月から物件探しをスタートし、8月にようやく手に入れられたお住まい。新しい暮らしはいかがですか?

奥様:何もかもが今までと違います。家が狭く、家具を買うこともできなかったのに。今では製作家具や、黒に統一して買い替えた家電に囲まれて暮らしています。家全体に統一感があるから、少し散らかっても雰囲気が損なわれず、とても楽です。

ご主人:「ヴィンテージホテル」をコンセプトに進めた設計。設計内容にはこだわりもあったけれど、お任せにしたところが多かった。私たちの要望がよく取り入れられ、期待を越えるアイディアが詰まった家で、心地よく暮らしています。

—本、CD、レコード、DVDと沢山のものが壁面収納されているK様邸ですが、家の持つ力強さからか、雑多な印象が全くありませんね。

ご主人:そう言ってもらえると嬉しいです。でも実は、DVDが多過ぎて、収納棚が一列分足りていないんですよ(笑)近いうちに棚板の追加工事をお願いしたいと思っています。

—住みながらブラッシュアップしてゆけるのも、リノベーションの魅力ですよね。

大人数でも二人でも、楽しめる

ご主人:まだ一度しか出来ていないけれど、この家はたくさんの人に集まって頂いて賑やかに楽しむことが出来る。そういう魅力がある家だと感じています。

—K様邸は住まいであり、ワインバーであり、トラットリアであり…。照明計画の綿密さや、テーブルやソファのサイズの秀逸さが利いて、様々な側面を持つ大人っぽい空間となっていますよね。K様ご夫妻の気さくなお人柄が相まって、家の魅力が増しているよう!

ご主人:もちろん二人で過ごしていても心地よいのだけれど、時には大勢を招いて、この家ならではの楽しみ方をして行きたい。これからこの家をもっともっと、楽しんでいきたいと思っています。

【ヴィンテージマンション・中野ブロードウェイの魅力】

地階から4階までがショッピングフロア。 5階から10階までが居住棟になっている中野ブロードウェイ。 ショッピングフロアは漫画店、コスプレ店、婦人服店、飲食店、ネイルサロン、ペットショップなど様々な店舗が集積しており、大人から子供まで、沢山の人で賑わっています。

その上階に風格漂うヴィンテージマンションがそびえているとは想像しにくいが、マンションフロアへ立ち入ると、そこは赤いビロード敷の幅の広い廊下が迎える高級マンション。1960年代後半より1970年代にかけて青島幸男、沢田研二、渡辺浩弐、平山喜堂など数多くの有名人が住居階に自宅を構えました。 屋上には庭園、屋外プール、ゴルフ練習場。設備面ではセントラル冷暖房、守衛の常駐施設なども備わっており、原宿のコープオリンピアと並ぶデラックス・ヴィンテージマンションとして知られています。

(出典:wikipedia)

MEDIA

I'm home no.59
2012年7月14日発売号に掲載されました。
relife+ vol.8(扶桑社)
P24-27「Simple&Minimal Style@Vintage Apartment」に掲載されました。
relife+ vol.12 (扶桑社)
リライフプラス的 住みたい沿線大研究-中央線編-P107に掲載されました。
Numero TOKYO 80(扶桑社)
田中杏子編集長のハニカミ日記。

まずはオンラインリノベーション相談室へ

リノベーションに関するあらゆるご相談に、幅広くお答えします。
リノベーションコーディネーターがオンライン上で無料個別相談会を行っていますので、
お気軽にご予約下さい。
まずは、じっくりとお話してみませんか。

リノベーション相談室へ

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア