【両国リノベーション】棚の位置変更は最後の最後で良いの?

【両国リノベーション】棚の位置変更は最後の最後で良いの?

>>>>>>>>>>これまでの【両国リノベーション】<<<<<<<<<<

①物件は「箱」として見るべし

 

こんにちわ。

本日も両国リノベーションのお話。
解体を終え、何も無くたった状態から、
こんどは間仕切りを建てて、部屋を区切っていきます。

寝室やウォークインクローゼット、洗面やトイレなど、部屋を作る為には、
写真の様に間柱を建てて、その上にボードを貼って、その上に塗装やクロス等の仕上げをしていくのです。

設計図通りの位置に壁を立てていくので、
1/1のスケールで部屋の大きさを体感出来ます。

さて、この段階で気をつけなければならない事があります。
それは、棚やハンガーパイプなど、最後に壁に取り付けるものを、
ちゃんと取り付けられる様に色々仕込んでおくことです。



これらは、棚を受ける為の金物です。
「棚がまだ付いていないから、位置の変更は可能だろう」
と勝手に思ってはダメです。

写真のように、棚を取り付けるという簡単な作業一つとっても、
事前に色んな下ごしらえが必要なのです。

これをおろそかにしてしまうと、
後々、棚が落っこちてきたりと大変なことに。。。

実際、施工が始まる前もしくは始まってすぐの段階で、
僕たちと施工会社はこれらの打合せをしてしまいます。
そうしないと、いつまでたっても工事が進まないのです。

ということで、支持方法にもよりますが、

棚の位置変更は最後の最後ではダメ

 

ちなみに、ペーパーホルダーやハンガーパイプやタオルハンガーなど、
壁に取り付けるものの裏にも、落っこちない様に何かしら施しています。
位置の変更を考えている場合は、なるべく早く設計者に伝える様にしましょう!

次の記事「塗装の仕上がりをチェックすべし」はこちら。

(okada)

思いをカタチにするリノベーション!

blog_case47_600_100

関連記事

「住む」ことに介入するためのリノベーションという手段... 以前、ご案内した賃貸マンション。 この賃貸マン...
S邸@宮前平、完成しました。 6月にブログでご報告していたS邸@宮前平の物件が 先日無事...
H様邸@武蔵小杉 私物の家具と製作家具... こんにちわ。okadaです。   さて...
Iさま邸リノベーション完成!その5 今回はI様邸リノベーションレポート リノベーション ビフォー...

レポート|進行中!リノベーションの現場カテゴリの最新記事