Iさま邸リノベレポ〜スケルトンの巻

Iさま邸リノベレポ〜スケルトンの巻
いよいよリノベーション工事がスタートした浦和のIさま邸。
あれよあれよという間に解体工事が終わり、躯体が現れて
「スケルトン」の状態になりました。
今までは天井が組んであったり、壁が仕上げてあったりで
わからなかったのですが、柱や梁がおもてに出てくるようになって
改めてマンション全てを構成する骨組みの有りがたさを感じます

L字型のバルコニーのおかげで窓がたくさん!

外部までずーっと視界が抜ける感じもよいですし、

床面全てが光を浴びて、とても明るい空間ですね。

普通はフローリングの下は木軸で組まれているのですが、

今回はモルタルで床の高さを上げています。

これが吉と出るか凶と出るか・・・

外部に面した壁面にはスタイロフォームと呼ばれる断熱材を

施工してありました。

本当はコンクリート剥き出しにしたかったのですが、

この上に石膏ボードを張る必要がありそうです。

やはり解体してみて初めて分かることもいろいろあるんですよ。

今後も随時リノベーションレポートをアップいたします!

関連記事

菊名のリノベーション〜キッチンとダイニングのつくり方〜... >>>>>>>>>>>>>>>菊名のリノベーション<<<<<...
A様邸@下落合を振り返る〜てんやわんやの巻〜... こんにちは。okadaです。 今回は、先週予告した通り、施...
菊名のリノベーション〜洗面に自由を!〜... >>>>>>>>>>>>>>>菊名のリノベーション<<<<<...
細部に拘ったリノベーション:現場で打合せ!...  こんにちはokanoです。 工事申請もOKが出て、い...

レポート|進行中!リノベーションの現場カテゴリの最新記事