住居者構成 : ファミリー

面積 : 40〜60㎡

子育てハウス

狭くてもあきらめない。子育てハウスの間取りとは?!

リノベーションコーディネーターがMさまご夫婦にインタビュー。30代のご夫婦+お子様2名が快適に暮らせる広さは、果たしてどれくらい?Mさまご夫婦の出した結論はいかに!?

Profile
ご夫婦+お子様お2人の4人家族
リノベーション費用 1150万円/@桜新町/広さ 60㎡

物件への興味が、リノベーションを真剣に考えるきっかけに

—EcoDecoにお問い合わせ頂いたきっかけを教えて頂けますか?

M様 :EcoDecoに掲載されている物件情報をチェックしていて、桜新町の物件に対してお問い合わせしたのが、最初でした。

—その時の物件はご希望とは少し違ったけれど、それをきっかけにEcoDecoへお住まい探しをお任せ頂くことになりました。住宅ローンの組み方など資金計画をはっきりとさせてから、本格的に物件探しをスタートされたんですよね。

M様 :私たちは共働きなのですが、調べる内に比較的余裕を持ってローンを組める二本立てという方法が合っていることが分かり、この方法を選びました。リノベーション費用を含んだローンは壁が多くて審査を進めるのに苦労しましたが、EcoDecoさんにサポートして頂いて、なんとか物件の引き渡しを迎えることができました!

—お役に立てて、良かったです。私たちはリノベーションプロジェクトのマネジメントをする立場ですから、お客さまにご負担がなく進行できるのが、一番嬉しいんですよ。

▶︎奥様お気に入りの使いやすいオリジナルキッチン

4人家族が快適に住める広さは??

▶︎このスペースが、将来は子ども部屋になるのかな。
▶︎玄関は、広々して気持ちのいい空間

—物件探しの当初は70㎡を必須条件にされていましたね。

M様 :初めに条件として伝えた70㎡とは、子育てハウスとして四人家族で住む家としてなんとなくイメージしていた広さでした。ただ、その広さの物件を見に行くと、価格が高額だったり、立地がより郊外だったりと、なかなか希望通りの物件がありませんでした。

—60㎡の今の物件をご覧になったのはなぜですか?

M様 :広さ以外の条件が希望に合っている今の物件をEcoDecoのサイトで発見して、コーディネーターさんへ内見したいと伝えました。実際に内見してみると旧耐震だが管理体制が良く、緑に囲まれていて、とても魅力的な物件でした。夫婦揃って、すぐにここへ住むイメージがつきました。ただ、もう一人子供が欲しいと考えていることもあり、60㎡の広さにとても不安を持っていました。

—実際に物件の売買契約へと進まれた際は不安は解消されていましたか?

M様 :リノベーションのファーストプランの提案を頂き、不安がなくなりました。その日まで私たちであれこれプランを想像していましたが、4人で住むにはどうしても窮屈だと思っていました。初めて建築家さんにお会いした日、思ってもみないプランをご提案頂いたんです。これならば4人で住むことができると確信し、とても安心して物件の契約へと進むことができました。奇抜な提案に感心したり、驚いたり!

—その時のプランが、最終的なプランの基礎となっていますね。

M様 :そうですね。でも、実はその間に色々な提案を受けました。奇抜な提案も多くあって、感心したり、びっくりしたり。何回もお打ち合わせを重ね、私たちのイメージを良く理解して頂き、最後はお任せにした部分も多くありました。紆余曲折を経て、今後の自由度が高く、また無駄なスペースが全くない現在のプランへと、結局落ち着きました。

—お打ち合わせの途中段階、こんなに個性的なプランもあったのですか!色々なアイディアについて思考を重ねながら、最も良いプランを選び今に至ったんですね。建築事務所での設計期間は創造的で楽しくて、お打ち合わせが終わってしまうのを惜しむ方もいらっしゃると聞きます。実際の間取りを見てみると、実際に出来上がったお部屋には無駄なスペースがなく玄関を開けるといきなりリビングスペースが見えますね!

M様 :はい。それには抵抗感があったので、玄関から奥までが見渡せないようにする予定で、工務店さんにカーテンレールを付けてもらいました。でも、案外気にならないもので、カーテンを付けずに3ヶ月が経過してしまいました。カーテンを付けるのに裁縫が必要なのですが、まだミシンの用意ができていないし…(笑)『気にならないですよ』って、他のお客様へ伝えておいて下さい!

—はい!分かりました(笑)お住まいになって3ヶ月、ずばり!!住み心地はいかがですか?

M様 :明るくて、とても住み心地が良いです。いつも、この窓際でひなたぼっこしています。赤ちゃんがいるので、どうしても床に近い生活になります。床暖房の入った無垢の床はスリッパ無しで歩くのにとても気持ちがいいです。大人の私たちも、床でお昼寝してしまうことがあったり。また収納のほとんど全てに扉をつけたので、すっきりしているし、赤ちゃんには触れられないようになっているので、子供が家中歩き回っていても、前程心配しなくなりました。秋の終わり頃には、もう一人家族が増え、4人家族になる予定です。子供達が大きくなったら、少し工事を加えて、子供部屋を作ってあげようと考えています。 今までの家と比較すると、本当にストレスがなくなりました。ライフスタイルに合わせた住まいだから、何をするにも負担がないんです。とても快適な暮らしを、楽しんでいます!

▶︎寝室兼遊び場になっている和室
▶︎どどーんと、見える素敵なリビング

MEDIA

LiVES vol.66(第一プログレス)
P78- 「子育てハウスの間取り」に掲載されました。
狭くてもあきらめなくていい収納のルール(成美堂出版)
P82-87 「60㎡ 4人暮らし 愛子さん宅の収納ルール」に掲載されました。

まずはリノベーション相談室へ

リノベーションに関するあらゆるご相談に、幅広くお答えします。
リノベーションコーディネーターが無料個別相談会を行っていますので、
お気軽にご予約下さい。
まずは、お茶でも飲みながらじっくりとお話してみませんか。

リノベーション相談室へ

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア