住居者構成 : 二人暮らし

面積 : 40〜60㎡

開放的に暮らす家

明治神宮の緑に囲まれた都心の生活withペット

relife+7にも掲載されたHさま邸。緑わさわさ明治神宮の豊かな借景と都心生活の両方を手に入れられたHさまご夫婦に話を伺いました。

Profile
30代ご夫婦
リノベーション費 830万円/@代々木/広さ 52.74㎡

リノベーションの醍醐味!狭いお部屋も空間の使い方次第

—Hさまのお家探しのキーワードは、「都心」と「ペット可」。購入された物件は、52平米ですが、40平米台〜と広さに対するこだわりよりも、立地にこだわわれていましたよね。

H様:はい。狭くても、空間を上手に使えば、いろいろ楽しめるのもリノベーションの魅力だと考えていました。

—こちらのソファーも、空間を上手に使う工夫のひとつですよね。

H様:そうです。こちらは、オリジナルで作ってもらったソファーです。写真のように椅子の代用にも使えますし、背中の方にあるテレビを見る時は、身体を反対に向けることも出来るし、寝っ転がることもできる。3度美味しいソファーです。これで椅子2脚のスペース分広々と使えます。テーブルや窓辺の棚も鉄製のオリジナルで、お部屋のイメージにあわせてオーダーしました。

—工夫が詰まったお部屋ですね!そういえば、内見の時にも空間をどうやって有意義に使うか、いろいろお話致しましたね。別の物件を内見したときには、バスタブを作らないというアイデアも。

H様:そういえば、そのような事話していましたね。でも、バスタブあるといいですね(笑)今ではお気に入りの空間です。バスルームは、お部屋同様、スタイリッシュに仕上げました。上層部のガラス窓から光も取り込む事ができ、とても気に入っています。

▶︎明るいリビングにこだわりの家具を
▶︎ポリカーボネート板×鉄製の枠。で造られた間仕切り。
▶︎空間をうまく利用するためのオリジナルソファー

男性の憧れ!計算しつくされた書斎

—52平米という空間の中に、ご主人の書斎もありますよね。

H様:1坪オフィスのようなコンパクトな空間ですがプリンターの位置、棚の高さからひとつひとつ考えて造ったので無駄な空間がなくとても快適です。こもって仕事をするには最適です。今回、リノベーションを経験したことで、工夫次第で狭い空間も快適に暮らせるということを実感しています。都心での暮らし、そして、これから家族の一員となるペットとの暮らし、妥協せずによかったです!ありがとうございました。

▶︎ご主人の書斎。狭いスペースながらも集中するには最適な空間。

編集後記

relife+vol.7にも登場したH様邸。リノベーション後にお邪魔したお二人の暮らしには狭さを感じさせない工夫が至るところに組み込まれていました。緑豊かな明治神宮。代々木公園は目と鼻の先。近い将来、愛犬も家族の一員となり、より楽しい暮らしが待っていることでしょう。お忙しい中取材にご協力頂きありがとうございました。

MEDIA

relife+(リライプラス)
2011年8月1日号 P36~P39 掲載されました
LEE(リー)
2013年11月号 P219に掲載されました

まずはリノベーション相談室へ

リノベーションに関するあらゆるご相談に、幅広くお答えします。
リノベーションコーディネーターが無料個別相談会を行っていますので、
お気軽にご予約下さい。
まずは、お茶でも飲みながらじっくりとお話してみませんか。

リノベーション相談室へ

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア