住居者構成 : ファミリー

面積 : 61〜70㎡

ハンモックを楽しむ

出産・リノベーションを一度に経験!
山や自転車、アウトドアを楽しむ家

東京の中でも、ほんの少しだけ郊外へ。ご新居ができると同時にお子様がお生まれになり、一気に生活が一変したというN様ご夫妻です。シンプルな内装に、カラフルなディスプレイが楽しいお家です。

Profile
30代ご夫婦+お子様の3人暮らし
リノベーション費用 900万円(設計費含む)/@北赤羽/広さ 70㎡

事例を気に入ってEcoDecoへ

奥様:個別でお話を伺わせて頂いたのはEcoDecoさんが初めてでした。雑誌等で事例を拝見して、お気に入りが多かったからです。私は、「リノベーションを頼むならEcoDeco」と思っていました。実際にオフィスへお伺いし、きっと希望が叶えられると感じ、実際の物件探しをスタートしました。

—他社のセミナーなどにも足を運ばれて、検討した上で弊社をお選び頂いたのですね。決め手は何だったのでしょうか?

ご主人:妻の、「頼むならEcoDecoさんへ」という直感が何よりの決め手でした。だからオフィスに伺う前から、EcoDecoでリノベーションをと決定していたも同然でしたね。僕は、妻を信じて付いていきました。(笑)

—そうだったのですね!EcoDecoは、雑誌やホームページでお客様に知って頂くことがほとんど。特にHPでは、弊社が大切にしている「遊び心のある提案」や「丁寧なご対応」、それから和気あいあいとしてスタッフ皆がリノベーションファンであるオフィスの雰囲気などが伝わるようにとデザインをしています。オフィスにお越し頂く前の時点で、「EcoDecoならば」と直感を持って頂いていたのは、私たちにとっても嬉しいことです。ありがとうございます。


子育て環境を重視してちょい郊外へ

—N様の場合は、世田谷区から北区へのご転居。西から北側へのご転居は、EcoDecoのお客さまの中でも珍しいものですが、初めから「赤羽」を中心とした物件探しをすることはお二人の中で自然なことだったのですか?

ご主人:はい。僕の通勤も南北線で乗り換えなしだし、妻の実家の高崎へも高崎線で一本。利便性の高さと、価格のバランスから赤羽に暮らすことは僕たちにとって自然なことでした。もう一つ、なんとなく候補に挙げていた「三鷹」よりも「赤羽」の方が希望に合う物件が多いことは、オフィスで山田さんとお話させて頂いた時点ではっきりしましたし、土地のブランド力には特にこだわらず、フラットな気持ちで捉えていました。

奥様:以前住んでいた八幡山と比べて街の雰囲気は変わりましたが、こちらの方が自然が多く、町並みがゆったりとしていて、大きなショッピングモールもあって、子育ての環境が整ってると感じます。このタイミングでこちらへ移って来られて良かったと思っています。夫婦共通の親友が住んでおり、何度も来たことがあった土地でもありますし、実家へも1時間半と行きやすいので以前より安心感もあります。

ご主人:およそ4ヶ月と物件探しはやや大変でした。赤羽は難易度が高いようで全く内見したい物件がない時期もあり、出産も迫る中で少々の焦りもありました。でも、最終的には色々と内見させて頂いたお陰で、中でも最も良いと感じた物件を購入することができました。本当に良かったです。

収納が苦手でも格好良く。キッチン裏の目隠し扉

▶︎手前に写っているのが、会話にも出てきている、トラックファニチャーのダイニングセット。

ご主人:以前からTruck Furniture(トラックファニチャー)の家具が好きで、このダイニングセットを所有していました。これらに合う家、というのが僕たちの内装に対するリクエストでした。

奥様:あとは、あまり収納が得意な方ではないけれど、それでもすっきりと暮らせる家というのも、大きな要望でした!

—お住まいになってみて、ご要望は叶えられたと感じますか?

ご主人:はい。床はオーク材に、リビング脇のディスプレイ棚は古材を使って頂き、家具がしっくり馴染む空間になり満足しています。

奥様:私は、キッチン背面の目隠し扉は絶対と思っていたので実現出来て、とても嬉しいです。開けるとちょっとごちゃごちゃしていても…閉めると全く気にならないでしょ。冷蔵庫まで隠せる、というのが絶対条件だったんですよ。

—キッチン周りの小物を格好良く見せるのは高等テクニックですし、家電類は大きいのでお部屋の印象に大きく影響しますものね。黒い扉を閉めればすっきりとして、美しいですね。

奥様:収納が苦手、という方にはぜひお勧めの方法です。設計期間中、プランには本当に迷ったけれど、最終的にはよりベーシックな廊下が中央にあるこのプランに決定しました。迷いがちな私たちでしたが、設計の打ち合わせ時、設計士の飯沼さんに毎回じっくりとお付き合い頂きました。お陰様で良い住まいが出来ました。EcoDecoさんでのリノベーションをさせて頂いて、今では満足の行く住まいで暮らしています。初めの直感を信じて良かったです!

▶︎キッチンは、スッキリと収納してしまう。

「家族が増えるといいな」から始まった家探し

奥様:実は後から分かったのですが、EcoDecoオフィスへお伺いさせて頂いたとき、既に娘がお腹にいたんです。

—そうなのですか、知らなかった!家族が増える前提での家探しのスタートだったとは思いますが、それは偶然ですよね?

ご主人:そうなんです。そろそろ子供をと思ったのと同時に、家を持つことを考え始めた訳ですが、幸い家探しと同時に子供にも恵まれました。そういうこともあって、家族が増えて暮らしに変化が出ることを前提に、家探しを進められました。里帰り出産から戻った妻と娘を、広々とした新居で迎えることが出来ました。

—お家と娘さんをいっぺんに手に入れるなんて羨ましいです!こういうことは重なって起きることが多く不思議です。こうした幸せな場面に私共も立ち会うことができ、光栄に感じます。今後は家族3人で河川敷をサイクリング、なんてことも出てくるでしょうか。楽しみですね。

ご主人:はい。将来は子供も含め、家族で趣味を共有したいと思っています。これからが本当に楽しみですね。土間に娘の自転車が置かれる日も近いかも。子供が小さい内は、妻が自宅でも仕事ができるようにとワークスペースを設けました。このワークスペースは将来的には子供部屋にもなる予定。その時に合わせ形を変えながら、家族でここに長く住んでいきたいと考えています。まだ古くない建物だから、僕が退職した後にも売却しやすいのではとも思っています。その後は、第二の人生を別の場所で送るのも悪くないのではと。

—駅からも5分ほどと近く、商業施設も近隣に揃っている。そして平成8年築と築年数も浅いから、数十年後の資産価値についても心配要素が少ないですね。建替え等の懸念もなく、長く所有していける良質な住まいを手に入れて頂くことが出来ました。
お腹の大きな奥様を物件へご案内させて頂いていたのに、今では三人家族となられましたね。感慨深いです。Kちゃんと一緒に、どうぞ楽しく暮らしていってください。お二人が希望された黒板塗装の棚に、Kちゃんが落書きをする日も近いのでしょうか。そんな場面も、見てみたいです。

モルタル土間に、自転車、アウトドアグッズを収納する

—玄関には自転車やアウトドアグッズを収納なさっていますよね。

ご主人:僕たち夫婦は、山や自転車などアウトドアが共通の趣味のため、そういったグッズを多く持っています。広い土間に置いたロッカーにそれらが全てすっきりと収納できています。大好きな自転車も、以前は渋々外に置いていたのが、今では土間にディスプレイ出来るようになりました!

—N様はご夫妻共通の趣味をお持ちなんですね。素敵です。アウトドアグッズの収納場所として、土間はとても使いやすそうです。自転車も、荒川の近いこの場所ならば楽しめそうですが、いかがですか?

ご主人:はい、マンションの目の前の河川敷でのサイクリングも、引っ越してきて大きく変わったことのひとつです。今までは自転車が好きでも、ちょっとした移動手段になってしまうことが多かったのですが、河川敷があることで自転車そのものを楽しめるようになりました。かなりの距離を走ることもあります。荒川はスカイツリーまでも見渡すことができ、サイクリングロードとして最高ですよ。

—想像するだけで気持ちが良さそうです。きっとあと何年か後には、荒川の土手でお子様の自転車の練習をしたり、一緒にサイクリングをしたりするのでしょうね。楽しみです!
この度は、沢山のお話をお聞かせ頂きありがとうございました。

まずはオンラインリノベーション相談室へ

リノベーションに関するあらゆるご相談に、幅広くお答えします。
リノベーションコーディネーターがオンライン上で無料個別相談会を行っていますので、
お気軽にご予約下さい。
まずは、じっくりとお話してみませんか。

リノベーション相談室へ

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア