住居者構成 : 一人暮らし

面積 : 40〜60㎡

趣味を楽しむ暮らし

1 / 3

40㎡の住まいにホームシアターを
こだわる男のリラックスハウス

EcoDecoとの作戦会議を重ねてようやくたどり着いた自分らしい物件で自分らしいリノベーション。40㎡という限られた空間で、ホームシアター、古材の棚、間伐材の杉フローリング等、男性が憧れるアイテムを手に入れた、T様のライフスタイルをご紹介します。

Profile
30代男性
リノベーション費用 860万円(設計費込)/@東陽町/広さ 約40㎡/2014年9月竣工

BEFORE→AFTERの平面図はこちらでご覧頂けます。

自由に間取りを考える為に選んだリノベーション

—中古マンションをリノベーションというのは最初から考えていたのですか?

T様:最初は新築マンションを中心に探していました。
でも何か魅力を感じなくて…。nLDKという謳い文句で競い合っているような雰囲気を感じましたし、どれも画一的だと思って。部屋数は多いけれど、窓がない部屋だったり、中途半端な大きさの部屋だったり、もったいないなと思っていました。ということで、途中からは中古マンションを自分らしくリノベーションして住もうという気持ちに切り替わっていきました。

—自分らしいお部屋で好きな間取りでというのは、新築マンションでは得難い、リノベーションならではの魅力ですよね。

▶︎ベッドルームから見たリビングダイニング。施主様のこだわりが随所に。

EcoDecoとの作戦会議で明確になった物件探しの条件

—物件を決めるまでの道のりを教えて下さい。

T様:実は、最初のうちは条件が全く定まっていませんでした。一人暮らしを前提としていたので、40㎡あれば足りるかなと思ってはいたのですが、いざ40㎡の物件を内見したところ、狭いと感じたんです。物件価値としてではなく、ライフスタイル上の賞味期限が短くなりそうで、折角リノベーションしても楽しめる時間が短いかもなと。ずっと一人暮らしではないかもしれませんし。そうして内見後にコーディネーターさんに「作戦会議」と称して、何度も相談に乗って頂きました。

—作戦会議の中で、どんなことを相談されていたのでしょうか?

T様:70㎡のファミリー物件を内見する機会があって、眺望も良かったのですが、先に申込が入ってしまい断念したことがありました。その時に、物件探しの条件をもう一度考えましょうと。まず、エリアとしては会社にも比較的近くて、元々住み慣れているエリアに絞りました。仕事柄、どうしても深夜に帰宅する事が多い事を考えると、折角リノベーションした住まいなのに、会社から遠すぎて、住まいを楽しめないのは嫌だなという思いがありました。

—確かに、今段階で一人暮らしというライフスタイルですし、わざわざ遠くまで通う理由が少ないですよね。

T様:そして、広さ。EcoDecoさんとの作戦会議中に、40㎡でも楽しんで暮らされている住まいがあることを聞いて、広さを求めるのは止めようと思いました。そもそも、ずっと住み続けるという考えを止めてしまって、自分のライフスタイルの賞味期限が近づいたら売却すれば良い!と割り切ることにしました。面積が小さくなる事で、物件にもリノベーションにも掛かる費用を抑えられますし。この考えに至るまで紆余曲折ありましたが、EcoDecoさんとの作戦会議で自分の考えや条件を整理する事が出来たと思います。

—そんな経緯があったのですね。条件や考えをまとめるのは大変ですよね。眺望が最優先なのか、立地、価格、通勤時間など、優先すべき条件というのは人それぞれです。全てに満足出来る物件が見つかれば良いのですが、現実はなかなか上手くいきませんよね。そんな中で、EcoDecoを相談相手とし、条件を絞り込まれたT様の物件探しは参考になります。

「マンションを買う=管理を買う」ということ。だから選んだ秀和レジデンス

—こちらのマンションに決められた最大のポイントは何だったのでしょうか?

T様:ズバリ「秀和レジデンス」だからです。EocDecoさんとの作戦会議で条件は絞り込んで行けたのですが、
マンション自体の決め手が分からなくて。でも、EcoDecoさんから「秀和レジデンス」の物件をたまたま紹介されて内見した時に、ピンと来たんです。このノスタルジックな外観もひと目で気に入りました。それに、「秀和レジデンス」は管理状態が比較的良好という話もEcoDecoさんから聞きまして。それからは「秀和レジデンス」一択で物件を探していました。

—弊社でも秀和マニアというサイトを立ち上げていたり、代表の谷島が秀和レジデンスに住んでいたりしますので、「秀和レジデンス」一択で探されたT様にとって、EcoDecoをリノベーションのパートナーとして選んで頂いたのは運命かもしれませんね。そして、多少の違いはありますが「秀和レジデンス」は全体的に管理状態が良い物件が多いんですよね。住まわれている方も愛着を持っていらっしゃるからだと思います。

T様:実際に住んでみて、やっぱり管理は隅々まで行き届いているなと思いました。マンション内の連絡事も頻繁に管理人さんから届きます。今は管理組合の議題に、窓サッシの交換工事が出ているようで、近いうちに窓サッシが新しくなるかもしれません!

—「マンションを買うということは、管理を買うということ。」とも言います。管理が行き届いているのは、住む方の立場から考えるととても安心できますよね。窓サッシの交換は、専有部分の工事ではどうにも出来ない部分です。ちゃんとマンション全体の事を考えられた管理がされているのは、愛着を持っていらっしゃる方が多い証拠かも知れないですね。

▶︎秀和レジデンスの特徴のひとつである、青い屋根と白い壁は、建物を取り囲む塀にも。

T様邸ができあがるまで

1 / 3

まずはリノベーション相談室へ

リノベーションに関するあらゆるご相談に、幅広くお答えします。
リノベーションコーディネーターが無料個別相談会を行っていますので、
お気軽にご予約下さい。
まずは、お茶でも飲みながらじっくりとお話してみませんか。

リノベーション相談室へ

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア