住居者構成 : 二人暮らし

面積 : 81㎡以上

大人のリノベーション(40歳以上)

1 / 3

桜並木のヴィンテージマンションで暮らす

ご夫婦の通勤がしやすい都心、そして落ち着きのある住環境を求めてたどり着いた播磨坂。購入間際まで悩んでいた間取りの制約もリノベーションで解決。こだわりのキッチン、光が溢れるリビング、そしてご夫婦共通の趣味であるランニングやロードバイクを存分に楽しめる、お二人の為のオーダーメイドの住まいになりました。

Profile
40代ご主人+30代奥様
リノベーション費用
1280万円(設計費込み、アスベスト除去工事費は別途)/@播磨坂/広さ 83.11㎡/2015年2月竣工

BEFORE→AFTERの平面図はこちらでご覧頂けます。

都心で落ち着きのある住環境を求めて辿り着いた「播磨坂」

——物件探しをする上で大切にされていたポイントはありますか?

ご主人:元々私たちは、それぞれの職場から近い都心エリアで物件を探していました。

奥様:都心の中でも、神宮外苑のように緑があって、住環境に適していて、ランニングなどの夫婦共通の趣味も楽しみやすいエリアというのを条件にしていました。

——お二人共ランニングが趣味なのですね!

奥様:そうですね。ランニング以外にも、トライアスロンをしたり、その延長で自転車のツーリングをしたりします。ですので、物件探しをする条件として公園のそばや緑を感じられるエリアで、趣味を最大限に楽しめるエリアを考えていました。

岡田:都心だけど緑があって運動ができたり、住環境として落ち着いているエリアはなかなか見つけづらいですよね。

ご主人:そうなんです!そういったエリアを探すのには苦労しました。それに「都心に住む」というと、タワーマンションのイメージがあったりますが、タワーマンションには魅力を感じませんでした。機能的で便利な暮らしができそうだと思うのですが、タワーマンションから感じられる無機質さのようなものが私たちの肌には合わないなぁと思っていて。

——そうだったんですね。こちらのマンションに決めるまで、何件くらい内見されたのですか?

奥様:EcoDecoさんを訪ねる前も含めて、30件くらいは見ましたね。気になった物件はすぐに内見のお願いをしました。

岡田:お二人にとって物件の良し悪しを決めるポイントはなにかありましたか?マンションの外観や周辺環境ですか?

奥様:マンションの外観は重要なポイントでしたね。バルコニーに物がごちゃごちゃ置いてあったり汚かったりすると、マンション自体の管理が良くないのかなぁ、生活や周辺の見栄えに対して意識が向けられていない方が多いのかなぁという心配がありました。その点今のマンションは、どのバルコニーも綺麗にされていて、隣近所や周辺環境に気遣いの出来る住人の方々が多いのかなと、マンションへの印象がとても良かったんですよね。

——バルコニーは専有部なので、住人の方々の生活の様子が垣間見えますよね。物件探しをしていく中でエリアは絞られていったのですか?

ご主人:2人の通勤に便利なエリアを大きく決めていて、その条件に当てはまった物件を見ていましたね。

——なるほど。物件探しにおける優先順位の付け方は、全てのお客様が悩まれる点です。通勤に便利だけど物件価格が高めの都心で探すか、通勤に少し不便でも物件価格の安い郊外に暮らすか。お二人にとって大切な事は、通勤に便利な都心に暮らすことだったんですね。

ご主人:そうですね。僕は最初、もう少し都心から郊外のエリアであれば予算内で広い間取りの、なおかつルーフバルコニーがあるようなマンションに暮らせるかもしれないのだから、物件探しのエリアを広げてもいいんじゃないかと思っていました。でも、「都心に暮らす」という点に関して妻は譲らなかったので、通勤に便利なエリアに暮らすということで決めました。

奥様:私は仕事柄、帰宅が遅くなってしまう時もあるので、できるだけ通勤時間を短くしたいと思っていました。ですから、都心で暮らすことは最後までこだわりましたね。

——そこでこのマンションに出会われたのですね。

岡田:元々、播磨坂周辺の土地勘はおありでしたか?

奥様:以前にこのマンションの斜向いのマンションを内見したことがあったんです。その時に播磨坂を歩いてみたんですが、「これだけ都心なのに車通りが少なくて面白い所だけど、謎だなー」と思っていました(笑)調べてみると、いまだ未完成の東京都市計画の遺物であることが分かって、ますます面白いところだな〜と。

——窓を開け放っていても、全く車の音が聞こえてこないですね!

岡田:不思議ですよね(笑)この播磨坂の通りだけとても静かなんですよね。春には通りの桜が咲いて、散歩していても播磨坂は気持ちいいですよね。

ご主人:管理状況や住人の雰囲気の良いこのマンションに出会って、都心だけど静か、という稀な土地である播磨坂の良さが魅力的に映ったんです。

——都心だけど落ち着いている住環境を求めていたお二人のご希望に、播磨坂がピタッと合ったのですね。

オーダーメイドの暮らしを叶えるためのリノベーション

リビング-37

——お二人はなぜ「中古マンションを購入してリノベーション」に辿り着いたのですか?

奥様:ちょうど新築マンションの価格が上がってきている時期で、価格に割高感を感じていました。特に都心で物件を探している私たちの場合だからこそより強く感じたのかもしれませんが…。

ご主人最初は新築マンションを探していたものの、途中から土地を購入して注文住宅を建てること、コーポラティブハウスを建てることも考え始めました。というのも、自分たちにあったオーダーメイドの暮らしを叶えたいという気持ちが強くなってきたからです。でも希望の場所で希望の広さを叶えようとすると予算オーバーになってしまいます。

——中古マンションなら、その両方が叶えられる、と。

ご主人:そうですね。ただ、僕は妻に連れていかれてEcoDecoさんのお話を聞きに行ったんですけど、実は「リノベーションは無いでしょ(笑)」と思っていました。

岡田:そうだったんですね(笑)

ご主人:実際完成した今は「リノベーションって凄いな!」と強く思っているんですけど、それまでずっと新築物件ばかり見ていたので、中古物件との落差を感じてしまって。そもそも建物は2030年したら建替えるものだと思っていたくらいだったので(笑)

岡田:新築の外観と比べたら中古マンションの外観は違いますよね。

奥様:まさか自分より年上の物件を購入するとは思っていなかったです(笑)

ご主人:築年数が経っていても、マンション全体の雰囲気が良く管理状況の良いこのマンションを見て、中古マンションも有りだなと思えるようになりましたね。

——今のマンションに出会われて中古マンションに対するイメージが変わられたのですね。リノベーション会社はどのように決められたのですか?

奥様:何社かお話を聞きに行っていて、その中の1社がEcoDecoさんだったんです。打ち合わせスペースに並べられていた事例集を見て、とても好みにあっているなと思いました!

ご主人:スタイリッシュなリノベーションを行なっている会社もあったりしますが、EcoDecoさんの事例はとても暮らしやすそうで、それがとても魅力的に映りました。

——EcoDecoのリノベーションは、お客様1人1人に充分時間を掛けてご要望をヒアリングして完成した住まいばかりで、お客様の思いも気持ちも詰め込まれています。ですので、EcoDecoならではのテイストというものは無いと思っています。それがお客様が感じる心地よさや暮らしやすさに繋がっていると信じています。この点に魅力を感じて頂けたようでとても嬉しいです!

猫通路-7

A様邸ができあがるまで

1 / 3

まずはリノベーション相談室へ

リノベーションに関するあらゆるご相談に、幅広くお答えします。
リノベーションコーディネーターが無料個別相談会を行っていますので、
お気軽にご予約下さい。
まずは、お茶でも飲みながらじっくりとお話してみませんか。

リノベーション相談室へ

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア

リンク