昭和の味を生かして〜A様邸@練馬の団地現地調査

こんにちは。kuwayamaです。

 

先日築46年の団地の一室の現地調査にいってきました。

古臭いと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、実際に見に行ってみると、

昭和の空気感が流れた室内はどこかなつかしく、

実家に帰ったような温もりも感じられます。

今となっては入手する事が難しい建具や金具などが

非常に魅力的で新鮮です。

 

特に私がいいな〜と思ったのが、こちら

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

「型ガラス」

 

ガラスの向こう側がぼんやりとにじんで見え、

特に写真のように奥に緑や光があるととても美しいのです。

 

アンティーク調だとか、ビンテージ加工によって

新しいものでも”時が経った風”につくることはできます。

でも、このように今はなかなかお目にかかれない

”本物の”一昔前のものに出会えるのが中古物件の醍醐味でもあります。

この団地に残る昭和の味を生かし、

新しく住まわれるお客様にも愛着を持ってもらえるように

これから設計が始まります!

 

 

kuwayama

 

soudan600_100

関連記事

ペントハウスリノベ:工事完成! こんにちはokanoです。 8月のお盆前から工事を進めてい...
ペントハウスリノベ:工事進行中 こんにちはokanoです。 お盆前から工事が始まったペ...
【T様邸リノベ@東陽町】〜完成間近のリノベ空間〜... こんにちは、tanakaです。 今回は現在進行中の...
3世代をつなぐ団地リノベーション:プランの検討中!... こんにちわokanoです。 2月末にブログでご紹介した...

レポート|進行中!リノベーションの現場カテゴリの最新記事