住居者構成 : 二人暮らし

面積 : 81㎡以上

開放的に暮らす家

1 / 3

素材を活かすリノベーション
贅沢なプランで快適なバスタイムを

DIYが得意な奥様とお風呂にこだわりたいご主人。そんなM様ご夫婦がリノベーションに求めたものは、時の流れを感じることができる躯体をそのまま活かし、時間をかけて作り上げる住空間。それはM様にとって自然体になれる暮らし方でした。


Profile
ご夫婦
リノベーション費用 約1,240万円(設計費込)/@西葛西/広さ 84.87㎡/2013年12月竣工
BEFORE→AFTERの平面図はこちらでご覧頂けます。

物件探しは環境探し

—物件探しはどのくらいされましたか?

M様:浦安から引っ越しを考え始めた頃は下町の雰囲気がある谷根千辺りの賃貸を検討していたのですが、賃料が高いし、何よりも賃貸だと部屋の中をいじれないのがイヤだったので、それなら購入しようというふうに考えが変わっていったんです。そして、葛西にある街の不動産屋で2~3件案内してもらったのですが、街の不動産屋だと古い物件はあまり薦めてこないじゃないですか。リノベ済み物件も内見したんですが、「これなら賃貸でいいか…。」という感じでピンとこなかったんです。私達の考えと噛み合わないような感じだったので、それならEcoDecoさんに物件探しからお願いしようと思い依頼をしたんです。そうしたら案内してもらった1件目で決めちゃいました!

—そうだったんですね。1件目で決めることができたのには何か重要なポイントがあったからだと思いますが、この物件に決めたポイントは何だったのでしょうか?

M様:実家が千葉なので東側エリアで通勤の便がよい所を希望していたのですが、もともと団地に住んでいたので緑が多かったり人の生活感が感じられることが重要でした。それでこの物件を案内してもらったら目の前に川があって緑も豊かな環境だったので、その環境に惹かれたのが購入を決めたきっかけですね。

—内装はリノベーションで自由にできますから周辺環境を重視されていたのですね。決めるポイントがハッキリされていたからこそ1件目で決断できたのだと思いますが、ここは視界が開けていて良い環境ですね!

M様:周りは一軒家が多くて高い建物も少ないので見渡したときに気持ちがいです。町のイベントの時には船頭さんがいる船が目の前の川を通るんですよ。

▶︎家の中に縁側を設けた。ちょっと腰掛けてゆっくり過ごすのにちょうどいい。
▶︎広いリビングに、少なめの家具でスッキリとした空間にしている。

自分らしく暮らすために広さが許した「贅沢なプラン」

—物件が決まった後に設計がスタートしましたが、最初の提案では物件が持っている特性からいろいろなパターンをご提案致しました。最初にご要望を伺った際、旦那様はお風呂にこだわりがありましたね。

M様:もともと窓のある風呂で生活をしてきたので賃貸生活の時、ユニットバスにはストレスを感じていたんです。長風呂はしないけど開放感のあるお風呂に入りたいとずっと思っていました。自分なりにリノベーションするなら玄関近くのエアコンが付けられない個室を風呂にしようと考えていたんです。廊下に面した窓もあるのでそこを風呂にするイメージをしていたのですが、岡野さんから配管の関係でそれができないと説明を受けた時には風呂にこだわる事自体を諦めそうになってました。ご提案の中にはお風呂が窓の近くにあるプランもあったのですが、自分の思い描いていた位置と違ったので…。普通のユニットバスでいいか、なんて。

—そうだったんですね。でも諦めずに窓に面したお風呂案を採用されましたね?

M様
(ご主人):
妻が「一番こだわりたい事を簡単に諦めるのはもったいない」と言ってくれて、背中を押してくれた感じです。

M様
(奥様):
私は全然諦めていなかったですよ!「おいおい、それでいいのかー?せっかく提案してもらっているのに!」という感じでしたよ。

M様
(ご主人):
でも、ご提案のプランはとても贅沢な使い方じゃないですか。

—確かにお部屋自体に広さがあったのでその贅沢を許せたという感はありますね。

M様
(ご主人):
この広さがないと無理だったと思いますし、部屋数をいっぱい求めていたら出来なかったと思います。提案していただいたプランを見ていて、広い1部屋の中にトイレや風呂といった機能的な小部屋がポツポツある感じをイメージできたときに落ちていたテンションが戻りましたね。僕の希望は風呂だけだったので、本当に諦めなくて良かったですよ。

M様
(奥様):
私は提案していただいたプランを見た時に部屋全体に光が回り込んでくるのがイメージできたので「大丈夫!」と思っていましたよ(笑)

▶︎タイトルにもなっている、贅沢なバスルームは、ガラス張りで外からの光を柔らかく取り込んでいる。

▶︎洗面台には、繊細な装飾の鏡を。

実際にファーストプランとしてご提案した平面図

Before After 平面図

—そうだったんですか。最初のご提案では数プランご提案しましたが、エリアを3つに分けてそれぞれ別のプランをご採用いただきましたね。その結果、最終的にご希望通りにまとまった感じですね。

M様:いろいろ提示してもらって分かりやすかったです。収納室を設けたりと部屋ごとの使い方がハッキリ分かれて機能的で明確な間取りになったのでとても暮らしやすくなりました。それにこのくらいの広さになると細長くなって中央が暗くなりがちですが、角部屋でこの間取りだから光が奥まで入って広い割に明るいんです。今はあまり照明は使わずに自然光の暮らしを楽しんでいます。

—最初の設計提案の時、素材感や雰囲気の話もしますが、実際のところそれはイメージ止まりなんです。ある程度のイメージ共有ができれば後回しにして、まずは間取りの話をしています。お風呂の位置や収納量など間取りで生活スタイルが変わってくると考えているので、まずは平面レイアウトをロジカルに突き詰めるような話を主にしていますね。それは骨を作っている感じで、それが間違っていなければほぼ完成っていうくらい大切だと思います。ですのでお風呂が元と同じ位置だったらM様らしくないとずっと思っていたかもしれません(笑)

M様邸ができるまで+その後の暮らし

1 / 3

まずはリノベーション相談室へ

リノベーションに関するあらゆるご相談に、幅広くお答えします。
リノベーションコーディネーターが無料個別相談会を行っていますので、
お気軽にご予約下さい。
まずは、お茶でも飲みながらじっくりとお話してみませんか。

リノベーション相談室へ

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア