住居者構成 : ファミリー

面積 : 71〜80㎡

リビングに人が集う家

1 / 3

コーディネーターと二人三脚で見つけた暮らしやすい街

— 家族が集う広いリビングと眺望に惹かれて ー

当初、「どんな物件がいいか決められていなかった」というM様の物件探しはEcoDecoのコーディネーターと二人三脚で歩むことになりました。結果的にM様にとって決め手になったのは、「眺望」と「行き届いたマンションの管理状況」だったのです。後半では、「家族のコミュニケーションが増えました」というM様のリノベーションライフスタイルをご紹介します。

Profile
30代夫婦+お子様2人の4人家族
リノベーション費用 800万円(設計費込)/@小岩/広さ73.36㎡/2014年10月竣工/
元気な男の子2人とご夫婦が暮らす、明るいM様ファミリー。土地勘がなかった小岩に購入した中古マンションをリノベーションし、
育ち盛りで好奇心旺盛なお子様2人の子育てをしながら楽しくリノベーションライフを満喫していらっしゃいます。
BEFORE→AFTERの平面図はこちらでご覧頂けます。

「憧れの新築」よりも、中古を買ってリノベーションを選んだワケ

※インタビュアー:Shimada
▶︎当時の設計図を見ながら、ご家族みなさんでインタビューに答えていただきました。

——窓からの眺めや風の抜け方がとても心地良い印象を持ちましたが、物件探しを始めたきっかけを教えてください。

奥様:元々社宅に住んでいて部屋も狭く、自分たちの家が欲しいなと思っていていました。それで、35歳になるまでには家を買って住もうと考えていたんですね。

——なるほど。

奥様:最初は、やはり新築の物件を探していたんですが、内見していくうちに何か違うんじゃないかという疑問が湧いてきて…。

M様:マンションの部屋が規格化されていて、全部決められた内装の仕様は自分たちにとっては面白くないなと思ったんです。

——それでリノベーションの方向に変化しにいったのですね。

M様:そうですね。ただ最初はリノベーションという言葉自体知らなくて、リフォーム済みで販売されている中古マンションの物件を探していたんですけど、段々リノベーションことを知っていくうちに「自分たちの好きなような内装にしたい」という思いが湧いてきました。

——なるほど、当初はリノベーションという言葉もご存じないところからのスタートだったのですね。

内見を通して気付けた、物件を探す上で大切なこと

▶︎コンクリートブロック+ステンレスの天板という、無骨で無機質なキッチンに、M様ファミリーの息が吹き込まれて完成。

——では、物件探しについて詳しくお聞かせください。M様は物件に求める条件は初めから決めていらっしゃったのですか?

奥様:いえ、ほとんど漠然としたイメージだけしかなくて当初はいわゆる東京の西側の人気エリアを希望していました。内見をしながらEcoDecoのコーディネーターさんと一緒に明確にしていった感じです。

——なるほど。具体的にどのような流れでしたか?

M様:EcoDecoのコーディネーターさんが物件紹介をしてくれた中で、毎回「この物件は1階にピロティがあって耐震性が心配だから見送りましょう」とか、「こちらの物件は価格が上がる分、周辺環境や管理状況がしっかりしている」という風に、注意すべき点や判断基準のようなことをアドバイスして貰いました。物件の目利きをしてくれながら内見ができたのも良かったです。

奥様:コーディネーターさんの助けを借りなければ、あまたある物件情報のどこにポイントを絞ったらいいか、わからなかったかも知れませんね。

——非常に光栄なお言葉です。ところで、物件を探していく中で、ご夫婦間で希望条件の擦り合わせは上手く行きましたか?

奥様:そうですね、「この物件は無いよね」という部分は夫婦ですぐ一致しました。例えば世田谷区の千歳烏山や千歳船橋の物件を見に行ったときは、駅からすごく歩いた印象があって、夫婦ですぐに「駅から遠いからNGだね」となりました。

M様:先ほどお話に出たように、最初は東京の西側の小田急線や京王線、東横線の人気路線の物件を探していました。でも、実際に内見に行く中で、お互いの実家にも近いわけではないことを実感して、「自分たちの暮らしやすいエリアってもっと別のエリアなんじゃないのか」とエリアを見直すことができていきました。

奥様:こういう風に私たちの物件探しは、確固たる希望条件があった上で「この物件凄く良いね」という物件を探すというよりも、漠然とした暮らしへの希望があるなかで、物件を内見しながら自分たちの暮らし方を具体化していったものでした。

——多くの方がM様と同じように人気エリアへの憧れを抱いていらっしゃるのですが、大切なのは「自分たちにとって暮らしやすいのか」というモノサシを持つことなのかもしれませんね。

M様邸ができあがるまで

  • 3.15内見

    この家の決めた理由のひとつ「バルコニーからの眺望」。スカイツリーも、荒川も眺められる、癒しの場所になりました。

  • 5.1現地調査

    設計に入る前に行った、現地調査。リビングが細長い!
    (blog記事はこちら)

  • 9.5工事現場

    一度解体した後の、リビングの様子。
    (blog記事はこちら)

  • 9.19工事現場

    設計者とM様で、使い勝手などをはかるために、実測しました。

  • 9.19塗装サンプル

    棚の色を決めるために、塗装サンプルを取り寄せました。さて、どちらになったでしょう?ワークスペースなどで使われています。

  • 9.21工事現場

    どんどん壁が立ち上がり、間取りが分かるようになってきました。
    (blog記事はこちら)

  • 9.26工事現場

    お気に入りのシンクが入る場所。完成が待ち遠しいですよね!

  • 10.10工事現場

    この頃には、キッチンも組み立てられ、フローリングも敷かれていました。

  • 10.10工事現場

    何となく部屋の完成予想ができてきました!

  • 10.21引き渡し

    全ての工事が完了し、晴れてお引き渡しです!
    (blog記事はこちら)

  • 【お気に入りの場所】
    実験用シンク

    洗面台は、M様お気に入りの「実験用シンク」。ぽてっとした形で、実力派なんです!

  • 【お気に入りの場所】
    家族団らん

    家族が集まれる時は、できるだけ団らんの時間を楽しめるように、LDKを広くとって正解!

  • 【お気に入りの場所】
    キッチン

    オリジナル製作の棚は、調味料を飾る収納。キッチンは、全てオリジナルで製作。コンクリートブロックで作った台は、かっこいいんです。

  • 【お気に入りの場所】
    癒しのバルコニー

    忙しい毎日をリセットできるのは、眺めのいいバルコニーです。

  • 【お気に入りの場所】
    広いLDK

    02の画像とほぼ同じ位置で撮影した1枚。広くなりましたよね。家族4人がいても、それぞれ好きなことをして過ごせる余裕のあるLDKになりました。

1 / 3

まずはリノベーション相談室へ

リノベーションに関するあらゆるご相談に、幅広くお答えします。
リノベーションコーディネーターが無料個別相談会を行っていますので、
お気軽にご予約下さい。
まずは、お茶でも飲みながらじっくりとお話してみませんか。

リノベーション相談室へ

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア