住居者構成 : 二人暮らし

面積 : 71〜80㎡

ヴィンテージ暮らし

1 / 3

一度は都心に住みたい 南青山リノベーション

「一度は都心に住みたい」という想いを南青山で実現させたK様ご夫妻。インテリアデザインに関わるお仕事をされているK様が思い描いた住まいは、ご友人から「生活感がない」と言われるくらいとてもすっきりとしたもの。でもそんな見た目とは裏腹に、タイルの割り付けやキッチン、ドアノブなど毎日何気なく目にする細かな部分にこそ、実はかなりこだわってリノベーションされました。その小さなこだわり達が、ご夫妻の心地よい暮らしを支えているようです。

Profile
ご夫婦/@表参道/76.29㎡/2015年7月竣工

BEFORE→AFTERの平面図はこちらでご覧頂けます。

より明確になったリノベーションへの想い

——K様がお引越しを考えられたのはどうしてですか?

K様:以前は、世田谷に新築マンションを購入して6年くらい住んでいました。元々は3LDKだったのですが壁を取り払い、ほぼワンルームの形に間取りを変更して、結構気に入っていました。世田谷でしたが最寄り駅周辺もなんとなく下町っぽい雰囲気で、隣が畑だったり、砧公園や馬事公苑のような緑も周りにたくさんあって、住みやすい街でした。

ただ、以前から「一度は都心に住みたい」という気持ちもありまして、都心に住むなら年齢的にも「そろそろいいかな・・・」と、引っ越しを考えるようになりました。場所は、青山と代官山、恵比寿あたりという感じで。以前勤めていた会社が南青山にあったので、なんとなく土地勘もあって、南青山の賃貸マンションに移って、半年ほど物件を探していました。

リビング+キッチン-6

▶︎約4.8mという大きなキッチン。納まりが美しい。

——どのような物件を探しておられたのですか?

K様:青山、代官山、恵比寿あたりでリノベーション向きの古めの物件を探していました。前の家で間取り変更やちょっとした改修はしたのですが、フローリングの素材感やクロス仕上げなど新築時の仕様が最後まであまり好きになれなかったので、「次はゼロからリノベーションをして、自分の好きな素材やモノに囲まれたい」という気持ちがありました。すべてリノベーションすることを前提に、物件価格が抑えられてリノベーションに予算が割ける古めの物件を探していました。

——エコデコを選ばれた理由は何ですか?前のお住まいの売却もエコデコにお願いされていたそうですね。

K様:エコデコさんにお願いしたのは、担当の方と話した感じで決めました。当初、リノベーション会社は3社程検討していたのですが、別の会社は話やプレゼン内容がいかにも決まった流れに沿った説明で、お客様のニーズに合わせて、と言いながら、「施工費はパッケージで坪いくら」とか「設計費はサービスして○%で」といった感じの売り込みで・・・(笑)。私自身も設計の仕事に携わっているので、良い素材や希望のものを使えば価格は高くなるということはわかっていますし、設計費をサービスって、手も抜くのかな、と(笑)。

すごくデリケートな買い物なので、フィーリングや、その会社の雰囲気が自分に合うか合わないかは大切にしていました。エコデコの担当者の方は、全然プレゼンという感じではなくて、まずはじっくりと私達の話を聞いてくれて、要望と予算から「そのエリアのリノベーション向き物件を狙うのであれば、旧耐震*の物件もありかもしれませんね」とおっしゃって、ご自身の経験を踏まえながら、旧耐震の物件の説明をしてくださいました。話をしていても、用意した話をしている感じはなくて、ニーズをしっかり聞き取ってくれている感じがして、ちゃんとコミュニケーションができているという安心感がありましたね。

物件探しや設計から工事の段階で、大なり小なりトラブルは起こると思うんです。そしてその時には、お客対会社ではなく、結局はお客対担当者のやり取りになるので、その担当者の方に信頼が持てたということは大きかったと思います。

※旧耐震・・・19815月以前に建築確認を受けた建築物に適用されていた耐震基準。

インタビュー-1

▶︎設計を担当した岡野と施主のK様ご夫妻。

コンセプトありきの物件探し

——物件探しはどのように進められたのですか?

K様:暮らし方のイメージは持っていたので、物件が出た段階で、図面を見ながら間取りを考え、それがはまりそうなら内見の手配をしてもらい、そうでない場合は見送る、そんな感じで進めていました。

以前住んでいたところも部屋の壁を取り払い、オープンな感じにしていましたが、今回も空間のつながりや相手の気配がなんとなく伝わる感じにはしたかったので、イメージしている間取りができるかどうかはかなり重要な判断基準だったかと思います。実際、立地や間取り、条件がかなり良くても「この壁が取れないので余計な部屋が一つできてしまいますね・・・」と言われて、後ろ髪をひかれて見送った物件もありますしね(笑)。

今の物件は、間取り的にはちょっと変形だったのですが、壁を取り払ってワンルームとして使えるようにするなど間取りは希望通りに変えられそうだったこと、何より目の前に建物が迫っていなくて、見通しがよく、眺望の抜け感があったことが決め手になりました。光と空気の抜け感があり、かつ私たちの予算が見合う物件というと、なかなか見つからなかったのですが、この物件はそのバランスがちょうどいい感じだったので、すぐに申し込みをしました。

——あっという間の申し込みだったと聞いています。

K様:折を見ては、私もネットで物件探しをしていたのですが、この物件がネット上にアップされた日に発見して、すぐに担当者の方に内見のお願いをしました。内見の3日前に間取りが載っている販売図面をいただき、内見までにリノベーションのプランはだいたい考えていました。実際に内見して、プラン通りにリノベーションできそうだとわかったので、その場で即購入を決めました(笑)

リビング+キッチン-1

▶︎玄関から見た空間の様子。

1 / 3

まずはリノベーション相談室へ

リノベーションに関するあらゆるご相談に、幅広くお答えします。
リノベーションコーディネーターが無料個別相談会を行っていますので、
お気軽にご予約下さい。
まずは、お茶でも飲みながらじっくりとお話してみませんか。

リノベーション相談室へ

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア

リンク