物件を読むコツ教えます

vol.4:キッチンは排水と排気が決め手(その1)

# EcoDeco # エコデコ # キッチン # スケルトン # フルスケルトン # フルリノベーション # フローリング # マンションリノベーション # リノベーション # リノベーション事例 # リノベーション相談 # リフォーム # 中古マンション # 中古を買ってリノベーション # 事例 # 図面 # 江戸川区 # 物件 # 移設 # 読み方 # 配管

vol.4:キッチンは排水と排気が決め手(その1)

EcoDecoで設計兼リノベーションコーディネーターを務めるokanoです。リノベーション向きの物件探しから設計までをトータルで担当しています。 みなさんが物件探しをするとき、必ず目にするマンション販売図面。EcoDecoのようにリノベーションを前提とした物件探しの専門仲介会社は、その販売図面から「リノベーションでできること」「できないこと」を読み解きながらご紹介しているんです。同じように、これからリノベーションをされる方にも読み解く力を身につけていただけたら!と思い、これから19回に渡って物件を読むコツを伝授していきます。今回は4回目です。


物件を読むコツ

物件を読むコツ教えます|EcoDecoスタッフblog
初めから読む方はこちらから。販売図面から読み解くリノベでできること・できないことをポイント毎に伝授。全19回です。

キッチンbefore→after

リノベーションにおける物件内見時のコツ、その4回目は「キッチン」です。


キッチンはアイランドにしたい!とか、対面型にしたい!とか、リビングの横にレイアウトしたい!とか、ご要望の多いアイテムですね。でも、キッチンは設備との絡みが多くて、いろいろ考えなくてはならないアイテムなのです。今までと同様、まずはM様邸@西葛西「素材を活かすリノベーション贅沢なプランで快適なバスタイムを」を例にとって説明したいと思います。

素材を活かすリノベーション贅沢なプランで快適なバスタイムを

素材を活かすリノベーション贅沢なプランで快適なバスタイムを|EcoDecoリノベーション事例
DIYが得意な奥様とお風呂にこだわりたいご主人。そんなM様ご夫婦がリノベーションに求めたものは、時の流れを感じることができる躯体をそのまま活かし、時間をかけて作り上げる住空間。それはM様にとって自然体になれる暮らし方でした。


まずは、リノベ前のキッチンの写真は↓こちらです。


それをリノベーションによって位置を変更し、リビング対面型のキッチンにしたのです。



足場板のカウンターテーブルも設けて開放的なキッチンです!


キッチンの位置を変えたいなら

実は、キッチンは給排水の設備と排気(レンジフード)の設備の両方をしっかり検討しないと計画倒れになってしまう強者です!


まずは排水に関して排水のことは、シリーズのVol.2でお風呂の排水について書きましたが、キッチンの排水は「雑排水」扱いとなるので、お風呂の排水と入れ替えてPSに接続してもOKです。しかし、トイレの排水は「汚水」なので、トイレ用のPSにキッチン排水を接続することはできません。そのため、M様邸のキッチン排水は横にあるPS(トイレ用のPS)ではなく、もともとお風呂の排水に使用していたPS(ADとUDの間にあるPS)に接続しています。


▷▷▷お風呂の排水に関してはVol.2をご覧下さい。
▷▷▷トイレのPSに関してはVol.3をご覧ください。

排水で注意しなくてはならないのは「PSから離れると床を高くしなくてはならい」ということ。 水が流れるように排水勾配を確保しなくてはならないので、PSから離れると当然パイプの高さも必要になります。


ですので、販売図面や現地内見してキッチンとPSの位置関係を確認したら、離せば離すほど床を上げなくてはならない。つまり、天井が低くなる!!ということを気にして下さいね。(でも、壁の中に排管を通すなどの逃げ方があるので割と自由です!)


次に、排気に関して(☆これが重要!) キッチンにはレンジフードがありますが、この吸い込んだ空気は外気に放出されます。そして、この外気に放出するための穴は新たに設ける事ができないので、キッチンの場所を移動させて穴から遠くなるとダクトがずーっと天井を這うことになるのです。(天井を躯体表しにするとこれが露出で丸見えになります!)


こんな感じです。 これが排気口につながっていくのです。室内のデザインに影響してきますね〜。


外壁にこんな穴を見つけたら、それは排気の穴です!(ここまでつながってます)

または、販売図面などに↓「AD」を見つけたら、これは「エアーダクト」の略称です。 #ここにダクトがつながることもあります。M様邸はこのパターンでした!


換気扇やレンジフードの排気はこのような穴につながりますので、レンジフードから排気口までダクト管が通ることは覚えておいて下さい。そして、この排気口の位置を内見時にチェックすることが大切なのですが、これがなぜ「物件を読むコツ」なのかは、次回でご説明したいと思います。


いかがでしたか?

今回も、ちょっとしたコツを知ることで、販売図面からリノベーションの可能性を読み解く力を身につけていただけましたか?

次回は、今回に引き続きキッチンの排水と排気についてレクチャーします。

▷「vol.5:キッチンは排水と排気が決め手(その2)」

動画で見るリノベセミナー開催中!

リノベーション初心者向けのセミナーを開催中! リノベーションについてこれから動いてみようかな、という初心者の方に向けたセミナーを開催しています。募集はこちらで行っていますので、ぜひご参加ください!


Share:

リノベーション相談室

不動産探しから施工まで、リノベーションに関するあらゆるご相談に、幅広くお答えします。リノベーションコーディネーターが無料個別相談会を行っていますので、お気軽にご予約下さい。まずは、じっくりとお話ししてみませんか。

ご予約はこちらから