【物件探し編】06.テラスハウスの内見をした

我が家の理想はテラスハウスだ!と宝物物件を見つけた気持ちになりましたが、色々と気になる点も多かったテラスハウス。今回は、コーディネーター兼設計のokanoさんと一緒に内見に行った時のお話です。

まずはセミナーで勉強した内見の7つのチェックポイントを思い出す

okanoさんも一緒だったのでとっても心強かったのですが、さすがに自分達でも内見のチェックポイントを抑えておかなきゃね、ということで、EcoDecoさんで受けたセミナーの内容を思い返しました。梁の位置や外壁の穴、壁は撤去できるか?など、7つのポイントをメモ。はい、私は真面目です(キリッ)

まだ受けたことがない方は、動き出す前にぜひ!個別相談の日までに自分の好きな時間に動画を視聴する形式なので、気軽にリノベについて知ることができました◎

 

こっぺ家が気になることをピックアップ

次に、夫婦で気になることを挙げてみました。

➀ずっと売れてないのはなぜ…?

②古さはリノベでなんとかなるレベル?

③1階だけど、セキュリティ面は?

④管理費も修繕積立金も安いけど、管理は大丈夫?

⑤庭に水道あるよね?(洗車と植物への水やりなど)

⑥両隣の家の雰囲気

事前準備はOK!いざ、内見へ…!!

初見は古さに圧倒される

▷年季の入ったキッチン。でもこれは序の口

しばらく使っていない室内はジメジメ~っとした空気。コロナ禍でマスクをしていたので助かりましたが、マスクなしだとアレルギー持ちの私は鼻水が止まらなくなっていたと思います(笑)壁紙はところどころはがれてカビだらけで、そのままではとても住める状態ではありませんでした。

「これは…リノベ前提の人じゃないと絶対買わないね。笑」とみんなで苦笑い。

そのため、こっぺ家が気になっていた「➀ずっと売れていない」のも納得。実際に住み始めてからわかりましたが、ここのテラスハウスは古いためリフォームしてから売り出されることが多いようで、この状態のまま売り出されることはほとんどないようです。今考えると、リフォーム前の状態で安く買えたのはとてもラッキーなことでした。

事前にこっぺ家が気になっていた項目は、ほぼクリア!

▷夫・へえちゃんは前面道路の人通りをチェック中

時間が経つにつれて古さにも慣れて、素人のこっぺ家も徐々に冷静に見れるようになってきました。

1.古さはリノベでなんとかなるレベル?

→内装は全部変えちゃうのでOK。躯体は解体してみないとわからないが、RC構造なのでおそらく大丈夫

2.1階だけど、セキュリティ面は?

→室内を覗いたり侵入しようとするには人目のある道路側からしか入れなさそうなので、意外と安心感あり

3.管理費も修繕積立金も安いけど、管理は大丈夫?

→共有スペースの生垣やゴミ置き場などがキレイに整えられていた。okanoさんに聞いたら、維持管理にお金のかかるエレベーターも外廊下もないことも安さの理由のひとつだそう

4.庭に水道あるよね?(洗車と植物への水やりなど)

→玄関側、庭側ともに水道あり

5.両隣の家の雰囲気

→庭や玄関もキレイに整っている

「壁壊せない問題」でこのテラスハウスは諦めるしかないのか…?

▷現在のリビングは6帖の和室でした。この押入れの奥に階段室があります。okanoさんの提案は、逆回りにして壁を抜けばいいのでは?という思ってもみなかった発想!

リビングとダイニングの間の壁を壊してひろーーい空間にしたかったこっぺ家。でも、この物件では難しいことがわかりました。広々と使えない…じゃあ、このテラスハウスは諦めるしかない?そんな時、okanoさんからこんな一言がありました。

「リビング横の階段を逆回りにして階段の壁を取ったら、視界が開けるから広くみえそうですね。」

え?!神なの?okanoさん…!

設計の方と一緒に内見すると、自分達にはない発想が色々と出てきます。「リビングを広く見せるには壁を壊してダイニングとつなげるしかない!!」と思っていたため、「え、そんな発想なかった!」と驚き。リビングとダイニングの間の壁は壊せないけど、ドアはつけずにゆるくつながっているという空間もいいなぁとイメージが膨らみました。

 

ちなみに、リノベでこんな風に変わってます。

▷階段を逆回りにし、扉もなくしたことで視界がひらけ、かなり広く感じます!(どちらもiPhoneで撮影したんですよ)

懸念事項も共有

「ここはリノベすれば大丈夫そう」や、「ここはこんな感じで使うとおもしろそうだね」という話をしながら楽しく内見しながらも、しっかりと懸念事項も共有してくれました。

▷2Fの南側のお部屋。はがれた壁紙のところをみると、「どうやら断熱材が入っていない」と言われました

このままだと夏は暑く冬は寒いのはもちろんのこと、結露でカビが発生しやすくなります。この物件にするなら、「断熱処理は必須=その分工事費が高くなる」という説明までしっかりとしてもらいました。

あとは…

▷庭には伐採した木などがわっさー!と、そのままあって整備費用がかかる可能性も

懸念事項を教えてもらえるのは本当に安心感があるなと思いました。今快適に暮らしているからこそ、知らずに断熱処理をしていなかったら…と思うと、本当にゾッとします。暑い~寒い~カビで鼻水でる~!と言いながら暮らしていたかもしれません(笑)

事態は急に動く。予算内収まりそう→購入決定!

こっぺ家にとっては好条件のテラスハウス。かなり前向きに検討したいけど、懸念事項を考慮すると即決していいのか!?と悩み、夫婦で一度考えてみることにしました。そうしているうちに、EcoDecoさんから「物件価格が安くなりそう」と連絡をもらいました。内見した状況を踏まえて、価格交渉をしてくれていたのです…!また、庭の伐採木もオーナーさんの方で片づけてくれると約束してくれました。物件価格と庭の整備費が抑えられた分、工事費に回すことができる…!

こっぺ家、購入することに決めました…!!

次回のこっぺブログ

もっと悩まなくていいの?と思われそうですが、こっぺ家にとってはテラスハウスが理想形と発見してしまったので、他に悩む選択肢が少なかったのです。テラスハウスがあっても、ここまで好条件の物件に出会うことは難しいだろうと判断し、割とあっさりと決まりました。

購入が決まれば、次はローンの申込です。次回は、金融機関はどうやって選んだのかというお話です。


>>【不動産購入編】 07.真面目に生きてきたのに、住宅ローン審査に落とされた!

関連記事

【リノベをしよう編】01.こっぺ家がリノベを選んだワケ... 今回は、なんでリノベーションにしたのか?というお話をしたい...
【リノベをしよう編】02.私が実現したい暮らし... 今回は、こっぺ家がリノベで実現したい暮らしについてお話しま...
【不動産購入編】 07.真面目に生きてきたのに、住宅ローン審査に落とされた!... 今回のブログから、「不動産購入編」に突入です。 ここしかな...
【設計編】11.設計士さんにどう頼む?我が家のヒアリングシート... 今回から、ようやくお楽しみの【設計編】に入ります。 「物件...

レポート|Coppeファミリーの家づくりblogカテゴリの最新記事