住居者構成 : ファミリー

面積 : 61〜70㎡

団地マニア

1 / 3

都心派団地マニア
家族のコミュニケーションを豊かにするダイニング

フリーランスでバリバリ働くS様ご夫妻。都内の移動手段はいつも自転車というS様が見つけたのは、新宿から約3km・立地抜群の団地物件でした。お子様が生まれるのと同時に、リノベーションがスタート。タイムリミットの迫った住まいづくり、どの様に楽しまれたのでしょうか。

Profile
30代ご夫婦+お子様お1人の3人家族
リノベーション費用 1,150万円(設計費含)/@方南町/広さ 69㎡

ロンバケの瀬名の家ってどうやって作るんだろう

S様:昔から「ドラマに出てくる家って、実現できないものかな」と思っていました。例えば、「ロングバケーション(TVドラマ・1996年)」の主人公の瀬名(木村拓哉)の家。濃いめの無垢フローリングに、白いレンガ張りの壁があるんです。間仕切りは木枠の中に半透明のガラスが嵌っていたり。あの味のある家が、普通にありそうで、でも見つけられなくて。それが、あるとき書店に行って、見つけたんですよ。relife+(扶桑社・リノベーション専門誌)をふと立ち読みして、長年の疑問が解決したんです。『なんだ、瀬名の家って、リノベーションで作れるじゃん!』と。(笑)

—なるほど。確かにドラマの劇中に登場する主人公の住まいって、味のある素敵な雰囲気の家が多いです。瀬名の家はきっと賃貸の設定でしょうけれど、実際にああいう空間に住みたかったら、自分で買ってリノベーションすれば良いと、考えられたのですね。

S様:そうなんです。僕はその書店で立ち読みをした時点で、『家を買うなら、リノベーションだな』と気持ちが固まりました。

—きっと大きなカルチャーショックだったんでしょうね。その時点で『よし、リノベーションだ』と確信できるS様の直感力によって前進した、住まいづくりだったように思います。

S様:それからrelife+を何冊か読んでいて、トータルコーディネートのサービスに惹かれ、EcoDecoさんの門を叩きました。

—リノベーションと一緒にEcoDecoをお選び頂き、ありがとうございました!

ローンを組むなら今年 個人事業主ならではのタイミング

S様:僕らには沢山のタイムリミットがあって、それを越えても見つからなければまた賃貸を探そうと、考えていました。

—そうでしたね。正直なところ、初めにお話を伺った時は条件が多くて、難しいかもしれないと感じました。

S様:はい、なんとしても、年内に住宅ローンを借り終えなければなりませんでした。僕たちは二人とも個人事業主で、金融機関へ提出が必要な3年間の収入証明の内容が、丁度安定していたのがその年でした。翌年以降になると、少し収入が落ちてしまい、ローン審査で苦労するのが目に見えていた。前の家の家賃は高かったし、車の駐車場代も馬鹿にならなかった。子供が出来て出費が増えるのに、今のままの住居費は捻出できないだろうと感じていました。

—条件は易しくはなかったけれど、『まさに今、家を買うしかない』というタイミングでしたよね。都心部から離れておらず、駐車場代が安くて、子育てにぴったりの環境が整っている。初めてS様からこのご条件を伺った時から、今お住まい頂いている団地で物件を買って頂くのが最も良いだろうと、考えていました。ここ以外に考えられないくらい、条件がぴったりだったんです。

S様:僕も不思議なことに、EcoDecoさんからこの団地のお話を聞いて、『あ、あの建物か!』とピンと来ました。車で移動している時に、切り返しをしたくて一度敷地内に入ったことがあったから。
それで、『こんなに良いマンションがここにあるんだなぁ』って感じて、記憶に残っていました。家探しを始めるより前の出来事です。

—不思議な縁が、S様とこの団地のあいだにあったのでしょうね。いよいよ、タイムリミットが迫ってきたという時に、滅多に売りに出ないこの団地内で、かなり内装がぼろぼろの物件が出てきました。とっさにS様へ電話をかけると、『今から見に行けます』とのお返事。すぐに御覧頂き、購入へと進んで頂きました。内見当時は真夏の18時で日も暮れかける中でしたが、明るくて、マンションのお庭の緑が臨めて、本当に素敵な物件でしたね。

1 / 3

まずはリノベーション相談室へ

リノベーションに関するあらゆるご相談に、幅広くお答えします。
リノベーションコーディネーターが無料個別相談会を行っていますので、
お気軽にご予約下さい。
まずは、お茶でも飲みながらじっくりとお話してみませんか。

リノベーション相談室へ

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア