住居者構成 : ファミリー

面積 : 81㎡以上

大人のリノベーション(40歳以上)

1 / 3

共働き夫婦が選んだ三世代が集う家
家族が多くても散らからないスッキリした暮らし

共働きで2人の小学生のお子様がいらっしゃるS様ファミリーは、ご両親の家との距離・広さ・環境にこだわってマンションを探した期間は12年!リノベーションで間取りや動線に工夫をしたことで、自然とリビングに家族が集まり、音楽を奏で、会話が生まれる暮らしが実現しました。

Profile
40代ご夫婦+お子様2人の4人家族
リノベーション費用 1470万円(設計費込)/@多摩川/広さ 約98.3㎡/2014年3月竣工
BEFORE→AFTERの平面図はこちらでご覧頂けます。

やっと手に入れた理想の住まい

—S様はご自身で物件を購入され、リノベーションの設計からEcoDecoにご依頼をいただきましたね。

S様:結婚と共に上京をしたのですが、家探しは結婚してからずっと探していました。夫婦共働きでしたので両親を九州から呼んで近くに移り住んでもらい、子供の面倒などをお願いするような生活をしていたので、親から離れるようなエリアではなく歩いて5分くらいで行き来ができるところに限定して探していたので、希望の物件に出会うまで12年くらいかかってしまいましたね。その間に子供が2人になりましたが、ずっと家族4人で47㎡の部屋に暮らしていました。

—部屋の広さが急に2倍以上になったのですね。お部屋の広さが変わると生活スタイルは変わりましたか?

S様:以前は窮屈で大変でしたが、私達のライフスタイルは変わっていないです。やっと自分達のライフスタイルに合った部屋になったという感じですね。

—なるほど。確かにそうですね、設計の打合せの際にS様から当時の暮らしについてヒアリングさせて頂きましたが、お母様やお姉様が近くに住んでいらして夕飯はみんなで食卓を囲んだり、ピアノやフルートの演奏会もご自宅でされているとのお話しでしたので、47㎡に住んでいると伺った時はちょっとびっくりしました。

S様:そうですね。窮屈でした(笑)。昔の家は帰ってくると子供達の荷物が散乱していて足の踏み場がないくらいでしたから…。いろいろと工夫して暮らしていましたが、家の中は窮屈だったので、夏と冬の休みにどこか遠くに旅行に行くことがとても楽しみでしたね。きっと開放されたかったんでしょうね〜。でも今は広くて開放的な暮らしを手に入れることができてとても満足しています。

—やはり決め手は立地と広さだったんでしょうか?

S様:この部屋に決めたのは広さと明るさですね!立地は両親の家から7分くらいなので、希望の5分以内ではなかったんですが、窓が多くてすごく明るくて気持ちよかったので7分は許容かなぁ〜、ということになったんです。アトリエとして使っている部屋は朝から暑いくらい陽が入るのですが、窓が折れ戸式なので、ルーフバルコニーに向かって全開放できるのもポイントが高かったですね。

—明るさはかなり重要だったんですね。

S様:そうですね。部屋の中が暗いと気分も暗くなっちゃいますからとても重要でしたね。この家は窓が多くて開けているけど、どこからも見えないような位置なので何も気にせず自由に楽しんでいます。開放的なんですが隠れ家みたいなところが気に入っていますね。カーテンもずっと付けていなかったんですよ。

心地良い場所で自由に楽しく!ルーフバルコニーでピクニック気分

▶︎ルーフバルコニーに繋がる窓は折戸式だから、開放的!

—確かに窓が多くて光がすごく入りますね。でもカーテンはつけていなかったんですか?

S様:付けていなかったです。でも子供達からTVが見づらいというクレームがでたので今はレースだけ付けましたけど(笑)。ちなみにアトリエのカーテンは自分で縫ったんですよ。日暮里の問屋街にあるカーテン屋に行った時、お店の人に「ウチに来る人はみんな自分で縫ってるよ」と言われたのでやってみたんです。すごくいっぱい生地があって選ぶのも楽しかったですねー。

—光が当たってすごく発色のいいステキなカーテンだなと思っていたんですが、まさかご自身で縫われたとは思いませんでした。本当にS様はいろいろな事にチャレンジされますね〜、さすがです。朝のアトリエも見てみたいです。

S様:本当にすごく明るいですよ。気持ち良いので朝は家族みんなでアトリエの小さなテーブルを使って食事をしてるんです。

—そうなんですか!楽しそうですね。ルーフバルコニーでも食事はされるのですか?

S様:ルーフバルコニーには屋外コンセントを付けてもらったので、両親が来たときや友人が遊びに来たときはホットプレートを持ち出して外で食事もしてますよ。みんなでピクニックしたこともありますね。

—いいですねー!アトリエだったりルーフバルコニーだったりとその時その時の気持ち良い場所で食事をされているのですね。桜も見えるから春は花見もできそうですね。

S様:そうですね。落ち着いたらバルコニーも手を出したいと思っているのですが、まだ何もできていないのでこれからですね。

「音楽」で繋がる家族の時間

▶︎撮影当日は全員が揃わなかったが、2人で連弾をしてくれました。

—S様はフルートやピアノなどご自宅で楽器を演奏なさっていますよね。引越されてから演奏会はもう開催されましたか?

S様:それが外での発表会で大忙しの状況で(笑)。落ち着いたら家で発表会もやりたいと思っていますよ。

— そうだったのですね。設計中に感じていたのですが、S様ファミリーは奥様だけでなく、ご家族4人みんながピアノが弾けるのはいいですね。4人で連弾されたりと「音楽」が暮らしのキーワードのひとつになっているようにも思えます。

S様:そうですね、家族で一緒になれる時間が過ごせるというのは、大切にしたいと思っています。3人までなら楽譜はあるのですが、4人連弾の楽譜はないのでアレンジして演奏しているんですけど、まだ子供が小さいからなんとか4人の連弾ができてるって感じですね。もう少し大きくなったらスペース的に無理かなぁ〜。

—S様がフルートでお子様がピアノで協奏することもされているので、これからも家族みなさんで音楽を楽しんでいってもらいたいですね。家族の共通する趣味があるってとてもステキだと思います。

▶︎奥様がフルートを演奏されるお部屋は、心地よい光と風が入る、リビングの隣にあるお部屋。

S様邸ができあがるまで

  • 8.25 現地調査

    行ってみると、開放感溢れるルーフバルコニー付きのヴィンテージマンションでした。

  • 10.8 調査解体

    設計途中でまずは調査用に一部解体を行いました。

  • 2.3 スケルトンになりました

    約1週間ですっぴんの空間に。改めて現地を確認。ここから、改めて設計を。

  • 2.13 骨組み製作中

    壁の骨格ができてきました。

  • 3.1 壁ができてきました

    S様と一緒に現場を確認。

  • 3.6 バスタブが入った!

    特殊な細長いバスルームのS様邸。バスタブの搬入も完了。

  • 3.23 フローリング

    きれいなヘリンボーン張りのフローリング。

  • 3.29 引き渡し

    室内窓が付いたバスルームも完成!既にグリーンが飾られていました。

1 / 3

まずはリノベーション相談室へ

リノベーションに関するあらゆるご相談に、幅広くお答えします。
リノベーションコーディネーターが無料個別相談会を行っていますので、
お気軽にご予約下さい。
まずは、お茶でも飲みながらじっくりとお話してみませんか。

リノベーション相談室へ

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア