住居者構成 : 二人暮らし

面積 : 81㎡以上

人を招くキッチン

1 / 2

映画「恋するベーカリー」の世界に魅せられて

「この内装のイメージにしていきたいんです。」 一番最初の設計の打ち合わせの際、奥様にお持ちいただいたのはある映画のDVD。「It’s complicated」邦題は「恋するベーカリー」でした。そこでは主人公を中心にさまざまな登場人物と過ごす自宅の中で時間が、すてきに描かれていました。登場するインテリアの中でも特に魅力的だったのが、主人公の自宅のキッチン。映画の世界観を現実のものにしたこだわりのキッチンが完成して、料理が楽しくなったのは奥様だけではありませんでした。新しい住まいを満喫中のお二人が経験したリノベーションのお話です。

Profile
S様邸@清澄白河
30代ご夫婦/90.21㎡/2016年5月竣工

BEFORE→AFTERの平面図はこちらでご覧頂けます。

テーマは「恋するベーカリー」。6年間、憧れつづけた“家族団らんの舞台”ができました。

何かへの「憧れ」を素直に口にして、そして実現できる方を、とても素敵だと思います。S様は、EcoDecoにご相談にいらっしゃるずっと前から、暮らしたい家のイメージをお持ちだったそうです。まずは、そのイメージをじっくり伺ってみたいと思います。

恋するベーカリー

奥様:私の大好きな映画に、「恋するベーカリー」という作品があるのですが、その主人公が住んでいる家のイメージに憧れていました。特にキッチンがとってもステキなんです。映画でも、みんなが集まる場所として描かれていて、将来私も家を持ったら、こういう家にしたいなぁって、ずっと思っていました。なので、小林さん(担当設計スタッフ)とのミーティングの時には、このDVDを持って行って「こんな風にしたいから映画見てください、こんな家に住みたいんです」ってお願いしたんです。

いつから、そのイメージを温めていらっしゃったのでしょう。

奥様:映画が公開されて、初めて見た時からです。だから、2009年ぐらいからかな。私は「恋するベーカリー」だけでなく、監督のナンシーマイヤーズさんの撮る映画はどれも好きなんです。ストーリーも好きですが、出てくる家の雰囲気が全部ステキで、どれをお手本にしようかなって迷うぐらい全部好きなんですが、一番気に入った家は、「恋するベーカリー」の家でした。見た感じがすごく美しい、という理由もあるんですが、それ以上に、家の中心に家族の団らんを描いているところが一番好きなところです。映画の中ではダイニングテーブルを囲んで食事しながら皆で話すシーンがあるんですが、そのシーンを見るたび「いいなあ、ステキだなあ」って憧れていました。そこから私も、家族との何気ない団らんをたくさん積み重ねていきたいって思い続けていたんです。

カウンターテーブル

映画の中のインテリアだけでなく、生活風景にも想いを重ねていらっしゃった奥様。そんな憧れの家をつくるためにまず何を取り入れたのでしょうか。

奥様:まずこのカウンターテーブルです。映画の中でも、キッチンのすぐそばにこういう作業台のようなカウンターテーブルがあって、ここで主人公が料理したり、出来上がったお料理のお皿を置いたり、それを家族がつまみに来たり、軽い食事をしたり、いろいろに使っているんです。そういう使い方ができるスペースがあるっていいなあって思っていました。

ご主人:僕も使ってみてとても便利なので、作ってもらってよかったと思いました。ダイニングテーブルにはない手軽さがあるんですよ。ダイニングテーブルは皆でゆっくり食べたいときに使うテーブルですが、このスペースはもっとカジュアルなんです。パッと使えて気軽な感じだから参加しやすい。オーダーで作っていただいた椅子もスツールなので座りやすいですし。将来的には、妻が料理している前で、子どもがここで宿題したり、本を読んだりしている、そんなシーンが思い浮かびましたね。

なんとも素敵な暮らしのワンシーンです。では、キッチン全体のことも伺ってみましょう。

奥様:キッチンは広いし、使いやすいし、とっても便利です。まず、たくさんモノを置けるのがいいですね。私は普段フルタイムで働いているので、週末に作り置きの分も含めてわりと多めにつくるんですが、カウンターテーブルがあるので、ここに材料や調味料をバーッと並べられます。置き場所の心配なく、いろいろと作りやすくなりましたね。

このカウンターテーブルの高さは、私の身長に合わせてちょうどいい高さを決めてもらいましたし、お箸やナイフやフォークを入れる大きな引き出しも付けてもらいました。壁側のキッチン部分も収納を多くしてもらって、食器やお鍋だけでなく、炊飯器や食洗器、ゴミ箱まで中に入れました。表に見えるモノを極力減らしたんです。

リノベーションの良さを実感しました。今までに感じていたちょっとした不便や小さな不満ってあるじゃないですか。リノベーションならそれらを全て改善できるんです。リノベーションは自由自在、自分のしたいようにできる。だから心地いいし、使っていて楽しいんです。

映画の世界観に浸れるリノベーションの工夫

カウンターテーブル

S様の家にいると、不思議と海外の家にいるような気持ちになってきました。映画の世界観に浸れる工夫はどこにあるのでしょう。

奥様:壁のタイルや窓の感じとか、シャンデリアの形、収納の雰囲気も映画を真似ています。キッチンに窓が欲しかったのですが、この物件にもたまたま窓があって、似た感じにすることができました。リノベーションの場合、マンションの共用部分だから絶対に変えられない所がいくつかありますよね。それが窓枠のサッシ。ハッキリ見えてしまうと、どうしても昔のマンションっぽさが出てしまいますよね。

そこで全体の雰囲気を壊さないために小林さんが考えてくれたのが、二重窓にする、というアイデアでした。実はキッチンの格子窓の奥にもう一枚窓があるんですよ。すりガラスの窓の奥に、サッシの窓があるんです。中からは見えないんですけど。

奥様:もう一つこだわったのは、人工大理石のカウンターです。これも以前に大理石を使ったキッチンを見て、ステキだなーって思っていました。だから私も大理石風にしたいってお願いしました。キッチン全体のカウンターとワークテーブルが同じ人工大理石で、高さも同じです。

ご主人:カウンターが広いおかげで、友達が大勢来るときには役立っていますよ。料理の皿をそこにズラッと並べられるので、ビュッフェスタイルにしているんです。思い思いに料理を取りに行ってもらい、好きなところに自由に座って食べてもらいました。座るところもたくさんできたので、人が集まりやすい部屋になりましたね。友達からは外国のリビングみたいって言われたりして、そういう反応を見るのも面白いです。

廊下

▷プライベートスペースへ続く廊下。丁寧に施された装飾と、正面のライティングによって、雑に作られがちな廊下が意味あるものになっている。これからここに家族の写真が飾られたり、Sさまご家族の歴史が刻まれていく舞台になる。

エントランス

▷エントランス。玄関ドアを開けると、美しくディスプレイされた花。右手には、突き当たりまで連続した収納が目に入る。奥の窓から差し込む光もまた、いい。

S様邸ができるまで

1 / 2

まずはリノベーション相談室へ

リノベーションに関するあらゆるご相談に、幅広くお答えします。
リノベーションコーディネーターが無料個別相談会を行っていますので、
お気軽にご予約下さい。
まずは、お茶でも飲みながらじっくりとお話してみませんか。

リノベーション相談室へ

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア