団地マニア

シティコープ千石

団地マニアによる団地フカボリレポート

団地マニアスタッフが東京近郊でみつけたおすすめ分譲団地をフカボリする「マニアおすすめ団地」シリーズ。今回は木場公園に隣接する、リバーサイド団地のご紹介です。アートとコーヒーの街として、変わりつつある清澄白河の街にある、都市型団地「シティコープ千石」をレポートします。

緑の借景が素晴らしい!目の前には木場公園

団地マニアがシティコープ千石をオススメするもう1つの理由、それは木場公園が目と鼻の先にあるということ。木場公園は24.2ヘクタールと広大な都立公園として整備された場所。公園の中には、毎年10月に開催される江東区民祭を行うイベント広場や、植物園、バーベキュー場、大きな原っぱのあるふれあい広場もあります。春夏秋冬の樹々を楽しめる森林公園を自宅の庭感覚で楽しめるのって、とても素敵じゃありませんか?

そしてもうひとつ魅力的なのが、公園のお隣にある東京都現代美術館。様々な展示が催されていますし、親子で楽しめるワークショップも時々開催されているとのこと。気軽にアートと触れ合える環境もシティコープ千石なら手に入るんです。

朝日に照らされながら目覚め、リビングでコーヒーを一杯飲み、バルコニーに出て大横川と木場公園の緑を眺める朝のひととき。休日には公園の方から何かイベントが行われていれば、子どもを連れてフラッと遊びにいくことができる。そんな「フラッと行くことができる場所」に公園があるって、日々の暮らしをとても豊かにしてくれるのだと思います。

清澄白河は日本のブルックリンだ!

ここまではシティコープ千石の周辺環境についてお伝えしてきましたが、次は清澄白河という街についてご紹介します。2014年にサードウェーブコーヒーの代表格「ブルーボトルコーヒー」(Blue Bottle Coffee)がオープンしたことで、ますます脚光を浴びている清澄白河ですが、知れば知る程、とても奥の深い街であることがわかります。

元々清澄白河という街はいわゆる「普通の下町」でしたが、それが1995年に「東京都現代美術館」が設立されてから、アートの関係者が集まり始め、ギャラリーの街へと変貌していきました。今ではギャラリーの数も日本で有数の街と言われていて、街を歩いていると何件ものギャラリーに出会うことができます。そしてお寺も多い街でもあるので、清澄白河の街を歩くと、お寺の横に昔ながらの商店街があり、その商店街の中にスタイリッシュなカフェや本屋があったりするような、何とも面白い光景を楽しむことができるんです!

私自身、清澄白河の街を歩いてみましたが、商店街やギャラリー、雑貨屋さん、そして喫茶店やカフェなどが数多くあり、日頃の散歩ルートに迷ってしまうかもしれません・・・。そこで私シマダオススメの清澄白河の歩き方を・・・。

まず休日の朝シティコープ千石を出発し川を渡って木場公園でお散歩。午前中から公園内でランニングをしている人達を横目に見ながらのんびりベンチで読書でも。その後東京都現代美術館で特別展を見学。そろそろお腹が空いてきたなと思ったら、一路深川資料館通り商店街へSmoke Booksで少し本を物色してから、買った本を片手に清澄白河駅の方へ。

清洲橋通りにあるL.S caféで有機野菜を使ったランチを頂く。

そして今日はどの映画を観ようかとスマホで公開中の作品をチェックして、そのまま半蔵門線で渋谷方面へ…。このように、現代アートと飲食店、昔ながらの商店街にお寺など新旧さまざまな建物が混在しつつ、住民憩いの大きな公園がいくつもある場所、清澄白河。

私シマダ、清澄白河は日本のブルックリンなんじゃないのかと思っています。ニューヨークのブルックリンは、文化・ファッションの発信地として世界的に注目される場所。お隣のマンハッタンはビジネスの街と言われていますが、それに比べてブルクッリンは気張らない雰囲気で、下町とファッション、文化が混在する場所です。
(参照:NYブルックリンが今なぜ注目されているのか?ブームを読み解く

清澄白河もまさにブルックリンと同じように下町と新しいクリエイティブな文化が混在しているエリア。ブルックリンのようなその街から新しい流行が生まれていく、そんな魅力的なエリアへと清澄白河は変化しています。

お洒落だけじゃない!地に足着いた生活ができる街

先にお伝え通り、清澄白河は元来「普通の下町」ですので、とても生活がしやすいエリアでもあるんです。清澄白河駅からシティコープ千石までの道のりには夜遅くまで営業するマルエツがあったり、公園を挟んだ向かい側にはマックスバリュもあったりします。日常的な買い物には大型スーパーを利用することになりそうですね。また深川資料館通り商店街や清澄白河駅近くには、こだわりの商品が並ぶ酒屋さんやパン屋さんもちらほら。休日に美味しいお酒とご飯で家でゆっくりと思った時にでも、こだわりのモノを購入できるお店があるのも嬉しい点です。

教育機関・教育施設について

シティコープ千石の周辺には、扇橋小学校や区立深川第四中学校がすぐ近くにあり子どもの通学も安心。また白河保育園や白河かもめ保育園、元加賀幼稚園などといった保育・教育環境も充実しています。大きい公園が沢山ある清澄白河の良さですが、保育園の子どもたちは日頃大きな公園まで散歩に行って、そこで伸び伸びと走り回って遊んでいるそう。子ども達も元気に育ちそうですね!

そして私シマダが特に気になったのは、シティコープ千石から数分の区立深川第四中学校。生徒数500名程の中規模校で、江東区の学校は高校の進学実績が良いのですが、この中学校は進学実績が良い学校とのこと。「江東まなびスタンダード」という区内統一目標があるそうで、学習能力の底上げを区全体で励んでいるそうです。お子さんに良い教育を受けさせたいという方にとっても清澄白河は良い環境なのではないかと思います!(参照:江東区立深川第四中学校 HP

Share:

リノベーション相談室

不動産探しから施工まで、リノベーションに関するあらゆるご相談に、幅広くお答えします。リノベーションコーディネーターが無料個別相談会を行っていますので、お気軽にご予約下さい。まずは、じっくりとお話ししてみませんか。

ご予約はこちらから