【リノベをしよう編】03.FPに資金計画を相談してみた

今回は、お金の話に苦手意識のあるこっぺ家が、重~い腰を上げてFPさんに相談してみた時のお話です。

お金に関してポンコツなこっぺ家

私たち夫婦は、元来宵越しのお金は持たないタイプです。むかーしむかし証券会社で働いていたはずなのに、その記憶も薄れ、何年もつけている家計簿は意味があるのか?と疑問になる状態の妻・こっぺと、独身時代に「貯める」という概念がなかった夫・へぇちゃんというやばい組み合わせ。幸運なことに周囲の人たちがしっかりしているので、教育資金はこのくらい貯めた方がいいとか、老後はどうする?などの会話で定期的に気を引き締めて(引き締められて?笑)生きてきました。

すでにEcoDecoさんのリノベーションセミナーで、物件を購入するには物件価格+諸費用がどのくらいかかるのか?リノベーションに必要な費用は?という情報を得ていました。

しかし、当時こっぺ家は新宿まで20分で行ける便利なエリアに住んでいながら、社宅という扱いだったために駐車場代込みで5万円ほどしか家賃がかかっていなかったもので…。ローンの支払いが始まった後の生活は、もしかして地獄なんじゃないだろうかと思っていたのです。笑

いよいよFPさんに相談。あれ…「お金」の話だと思っていたけど、「暮らし」の話なのね

▶︎「たまには外食に行きたいんです」ということも伝えました。

リノベ―ションへの夢は膨らんでいるのに、お金に関しては不安しかない。そんなタイミングで、FPさんに資金計画を相談できる機会がありました。友達同士や親子でもお互いの資産の話をしたことがなかったので、なんだか少し恥ずかしい気持ちがありました。

でも、当然ながら給与や貯蓄の話はしたものの、メインで聞かれたのは「どんな暮らしをしたいか?」ということ。たまには外食だってしたいな、子どもが希望したら大学まで通わせたい、老後はゆっくり過ごして時々旅行に行きたいよねなど、未来のこっぺ家を想像することは、とても楽しい時間でした。

あれ…FPさんて、お金の相談をするというよりは、これからの暮らしの相談をする人なのね、と知り、急に親近感がわきました。

具体的な数字がわかると、物件の検索範囲が明確に

▶︎実際に出していただいたライフプランです

「たまには外食」とか「旅行したい」とか言ったもので…なかなか厳しい結果が返ってくるのでは?と思っていましたが、毎月貯金をしながら10万程度のローンを払えるという結果に…!じっくり見ましたが、何度見ても希望の暮らしを叶えたプランでした。

無理のない生活を送りながらローンを支払える範囲がわかると、それまでぼんやりしていたリノベが、急にはっきりと見えてきました。なんとな~く探していた物件も金額的に絞れるようになり、エリアもこの辺より都心は無理だなという範囲がわかったので、やみくもに検索することはなくなりました。

結論:さっさと相談すればよかった

FPさんに提示してもらったキャッシュフロー表は、こっぺ家の大切な目安になっています。お金にポンコツなこっぺ家にとっては、毎年目指すべき具体的な数字があることはとても心強いのです。

「FPさんに相談する」のは敷居の高いことだと思っていましたが、さっさと相談すればよかった!という結果になりました。

EcoDecoさんにも提携のFPさんがいらっしゃって、相談ができるようになったそうなので、住まい探しの前にFPさんに相談してみてはいかがでしょうか。お金の心配が片付くことで、気持ちを前に進められるので、オススメです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

次回のこっぺブログ

さぁ!これで買える範囲は狭まったぞ、物件探しがスムーズに!と思いきや、早速寄り道します。

次回は、
片付けなきゃいけないのはお金のことだけじゃなかった!出会っちゃった素敵な

>>戸建てリノベの夢を見る の巻。

関連記事

【設計編】11.設計士さんにどう頼む?我が家のヒアリングシート... 今回から、ようやくお楽しみの【設計編】に入ります。 「物件...
【工事編】21.助成金を利用してインナーサッシをつけた... 当初、暖かさを求めて二重サッシを希望していたこっぺ家ですが...
【工事編】30.DIYで床にオイルを塗った話... 引き渡しが終わり2日後には引越しという日程で、最後の仕...
【工事編】22.スケルトンにしたら見えてきたこと... 12月上旬に着工し、まずは解体作業からスタート。今回は、解...

レポート|Coppeファミリーの家づくりblogカテゴリの最新記事