物件を読むコツ教えます

vol.13:番外編(耐震のコト1)

# EcoDeco # ヴィンテージマンション # エコデコ # セミナー # マンション # リノベ # リノベーション # リノベーション事例 # リノベーション向き # リフォーム # 中古 # 中古マンション # 中古を買ってリノベーション # 古いマンション # 団地 # 団地マニア # 団地リノベ # 団地リノベーション # 旧耐震 # 耐震

vol.13:番外編(耐震のコト1)

EcoDecoで設計兼リノベーションコーディネーターを務めるokanoです。リノベーション向きの物件探しから設計までをトータルで担当しています。 みなさんが物件探しをするとき、必ず目にするマンション販売図面。EcoDecoのようにリノベーションを前提とした物件探しの専門仲介会社は、その販売図面から「リノベーションでできること」「できないこと」を読み解きながらご紹介しているんです。同じように、これからリノベーションをされる方にも読み解く力を身につけていただけたら!と思い、これから19回に渡って物件を読むコツを伝授していきます。今回は13回目です。


物件を読むコツ

物件を読むコツ教えます|EcoDecoスタッフblog
初めから読む方はこちらから。販売図面から読み解くリノベでできること・できないことをポイント毎に伝授。全19回です。

今回のテーマは建物の耐震

▷こちらの画像は以前物件の案内で訪れたことがあるマンションの外壁です。

さてさて、今回は「物件を読むコツ教えます!」シリーズの番外編として、建物の耐震に関して。このシリーズではリノベーションに関わるコトを中心に中古物件のチェックポイントをご紹介したりしているのですが、中古マンションのチェックポイントとしては「耐震」や「管理状況」なども重要なポイント!ですので、今回は耐震に関して書きたいと思います。

この物件は昭和40年代築の物件で、外壁には修繕をした跡がくっきりでした。昭和40年代といえば、当然「旧耐震」のマンションなので、修繕したとはいえ、この外壁クラックの状態は心配になりますね。

耐震のチェックポイント!

マンションで耐震に関するチェックポイントとしましては、

  • 新耐震か?旧耐震か?
  • 定期的に大規模修繕を行っているか?
  • ピロティなどの構造的な弱点がないかどうか?
  • 外壁などにクラックがないかどうか?
  • 変形タイプの場合、エキスパンドジョイントなどが採用されているかどうか?
  • などなどが挙げられると思います。リノベーションのチェックポイントと合わせて、建物のチェックポイントもしっかり情報収集して押さえておきたいことろですね!

    <出典:国土交通省>

    そして、新耐震と旧耐震の違いに関してですが、下記の表を確認下さい。

    簡単に説明しますと、
    旧耐震:中規模地震の際に揺れるけど、元の状態に戻る耐力がある。
    新耐震:中規模地震の際には揺れるけど元の状態に戻り、大規模地震の際には倒壊や崩壊しない耐力がある。
    ということです。

    つまり

    旧耐震は大規模地震の際の計算をしていない。
    新耐震は大規模地震の際は建物にダメージを受けてもいいけど、人が死なない(避難できる)状態を保てる。ということになります。


    この違いは大きいですし、大規模地震を経験した方も大勢いらっしゃると思いますので、事前情報は正しく正確に把握しておいてもらえればと思います。もっとより詳しく知りたいという方には、日本建築学会のHPで「市民の広場」というページがあり、そこでいろいろと解説がされているので、ぜひ一読してみて下さい!

    <出典:市民のための耐震工学講座>

    <出典:わが家の耐震ーRC造編ー>

    みなさんが納得して中古物件を購入し、そして満足いくリノベーションができるようにこれからもがんばりまーーーす!

    さて、次回は耐震についてのつづきをレクチャーしますよ

    vol.14:番外編(耐震のコト2)

    動画で見るリノベセミナー開催中!

    リノベーション初心者向けのセミナーを開催中! リノベーションについてこれから動いてみようかな、という初心者の方に向けたセミナーを開催しています。募集はこちらで行っていますので、ぜひご参加ください!


    Share:

    リノベーション相談室

    不動産探しから施工まで、リノベーションに関するあらゆるご相談に、幅広くお答えします。リノベーションコーディネーターが無料個別相談会を行っていますので、お気軽にご予約下さい。まずは、じっくりとお話ししてみませんか。

    ご予約はこちらから