住居者構成 : 一人暮らし

面積 : 40〜60㎡

ペットと暮らす家

1 / 3

運河に浮かぶアートディレクターの家

建築を学び、現在はアートディレクターとして活躍されているW様が選んだのは、運河沿いに佇むマンション。窓から望む景色は、一面に運河が広がっていて、まるで運河に浮かんでいると感じてしまうような特別な景色。この景色を最大限に活かす為に「運河を室内に取り込む」リノベーション空間となりました。そんなクリエイターらしい自由な発想の住まいと暮らしを覗いてきました。

Profile
30代男性/@豊洲/57.60㎡/990万円(ウッドデッキ除く)/2014年11月竣工

BEFORE→AFTERの平面図はこちらでご覧頂けます。

好きなアート、植物、熱帯魚に囲まれて

LDK

▶︎左手奥にあるのが、インタビュー中に出てきたフラワースタンドとグラフィックのシルクスクリーン。

——W様の住まいを見ると、お気に入りや好きなものに囲まれている印象がありますね。昔からこういったモノを集めるのがお好きだったんですか?

W様:昔から好きではあったのですが、賃貸で住んでいたお部屋は狭かったので、飾ったり置いたりするスペースが無くて、本当に小さな物しか集めていませんでした。ただ、リノベーションしたら絶対に置きたいと思っていたものがありました。妹島和世さんがデザインされた「HANAHANA」というフラワースタンドとエンツォ・マーリの「TRE,LA,MELA E LAPERA」というグラフィックのシルクスクリーンです。

——どちらもシンプルだけど存在感のあるものですね。よく見てみると、建築関連の書籍も多いですが、建築もお好きだったのでしょうか?

W様:実は元々、大学では建築を専攻していました。アトリエ系設計事務所でチョットだけ働いたこともあるんです。だからかもしれませんが、デザインやアートというものはずっと好きですし、現在は不動産を主に扱う広告代理店でアートディレクターとして働いています。

バルコニー

▶︎ウッドデッキが敷かれたバルコニー。リバービューが心地いい。

——そうだったのですね。バルコニーの植物達も魅力的ですが、こちらも昔から育てたりしていらっしゃったのでしょうか?

W様:賃貸で住んでいた部屋が、部屋自体は小さかったのに、バルコニーは8畳くらいあったので、その時から色々育てています。

——熱帯魚の水槽が洗面室にあったり、本当にW様が好きなものお気に入りに囲まれている感じがしますね。

W様:今まで賃貸で住んでいて、広さ的にも制約的にも叶えられなかった願望が溢れ出したのかもしれませんね。

水槽

▶︎脱衣室、トイレと一体になった洗面室には、アクアリウムが置かれていた。

自分が満足できる住まいにするためにリノベーション

ベッドルーム

▶︎ボックスのようになっているベッドルーム。奥にある洗面室と小窓で繋がっている。

——建築学科出身で、デザインやアートも好きなW様が、中古マンションを購入してリノベーションという選択に至るまではどのような経緯があったのですか?

W様:本当の理想の住まいは、建築家に戸建ての住宅をお願いしたかったのですが、都内で実現しようとすると金額的に難しくて。じゃあマンションかと思ったのですが、新築マンションでは自分の満足のいく住まいは無いだろうなと。仕事柄、マンションの間取りを見る機会がとても多いですし、モデルルーム撮影のディレクションなどもするので、実際に脚を運ぶ機会もあるのですが、大体の間取りが、共用廊下側に寝室を配置して、バルコニー側にリビングやダイニングという間取りにとても違和感があったんです。

——僕たちも仕事柄間取りを見る機会が多いですが、W様の仰る通りの間取りが多いですね。この間取りのどんなことに違和感があったんですか?

W様:共用廊下って、とてもパブリックな空間じゃないですか?それに対して寝室って凄くプライベートな空間だと思うんです。壁があるとはいえ、パブリックとプライベートが隣同士という事にずっと違和感があったんです。

——わかります。この住まいの間取りをみると、動線上一番奥に寝室がありますね。

W様:そういえばそうですね。自分が住まいに対して思い描く理想の空間というのは元々あったのでこうなりました。

——W様の場合、ご自身で基本プランを書いて来られて、それを僕たちが実現可能な様に図面に落とし込んで行くというスタイルで進めて行きました。実際に設計中にお会いしたのも4,5回ぐらいで、殆どメールでのやり取りでしたね。夜中にもメールが届いていたこともしばしば…。これはcase57Kと似たようなスタイルでした。

W様:実は当時、仕事があまりにも忙しくて打合せに割ける時間も少なかったんです。メールを書けるのも夜中しか無くて。

——そんなに仕事がお忙しい時期だったとは知りませんでした。W様の場合、建築的な話も通じ易かったので、伝えたい事や望んでいる事が分かり易くて、メールのやり取りだけでも十分でしたね。

W様:そうですね。メールのやり取りにもストレスは感じませんでした。

1 / 3

まずはリノベーション相談室へ

リノベーションに関するあらゆるご相談に、幅広くお答えします。
リノベーションコーディネーターが無料個別相談会を行っていますので、
お気軽にご予約下さい。
まずは、お茶でも飲みながらじっくりとお話してみませんか。

リノベーション相談室へ

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア