住居者構成 : ー

面積 : ー

特集|洗面台をもっと自由に!暮らしに合った場所を選ぼう

手や顔を洗ったり、髪の毛を乾かしたりと日々の暮らしに欠かせない洗面台。どうしても脱衣室とセットに考えてしまいますが、そうあるべき理由ってなんでしょう?EcoDecoのお客様の中には「洗面」と「脱衣」を分けたり、洗面室にあえて仕切りを設けないことで、暮らしの幅を広げた方がたくさんいらっしゃいます。もっと自由に、それぞれのライフスタイルに合った洗面台の場所を考えてみませんか?今回は@廊下、@リビング・寝室、@玄関、@仕切りを設けない洗面室、と事例を4つに分けてご紹介します。

@廊下|スペースを余すことなくしっかり活用!

居間や浴室、トイレ、玄関など様々な場所をつなぐ廊下に洗面台を持ってくると、使い方に幅が出るのでおすすめ!脱衣室のスペースも広く取れて一石二鳥です。

洗面

▶︎床から浮かせることで開放感アップ!洗面台の色づかいを壁や床と合わせることで、廊下にも馴染むデザインに。

5_バス洗面-1

▶︎洗面台が廊下にあるので、来客時も脱衣室に洗濯物を干したままにできるんです。

トイレ洗面-1
玄関廊下-3

▶︎立派な洗面台もきちんと廊下に収まります。帰ってきたら、リビングに入る前に手洗いうがいが習慣化されそう。

廊下-3
廊下-6

▶︎実は引き戸が側に隠れていて、閉めると脱衣室にもなるという面白いつくり。初めはこのプランに抵抗があったT様でしたが、浴室を広く取ることができ結果的に良かったとおっしゃっていただきました。

 

@リビング・寝室|スマートライフ!?歯磨きや寝癖なおしもすぐできちゃう

「眠い…でも歯磨きしないと…。洗面室まで行くのちょっと面倒だな。」なーんて時もありますよね。リビングやベッドルームに洗面台があるのは新鮮に感じるかもしれませんが、生活動線がスッキリして意外と便利なものです。

リビング+ダイニング-9
▶︎ベッドの横に洗面台!?でもよく考えたら朝の寝癖なおしも、寝る前の歯磨きもまとめて済んじゃうという利便性の高いつくりです。

 

洗面-4 (1)
▶︎寝室近くの水回りはオープンスタイル。シンプルなデザインで日々の暮らしにフィットしています。

 

洗面-1 (1)
▶︎ひとつづきの空間と思いきや、実は小上がりになっている水回り。ちょっとしたアクセントをつけるだけで洗面台が特別なものに。

 

リビングダイニングキッチン-1-Edit
▶︎あれ、洗面台どこにある?と思わず探してしまいました(笑)今まで洗面室で行っていたものがリビングで完結できるって良いかも。

 

@玄関|帰ってきたらすぐに手洗いうがい&様々な用途に使える

玄関近くの洗面台は多様な使い方ができますよ。例えば、お子さんが公園から汚れて帰ってきても大丈夫!お部屋に入る前にサッと汚れを落としましょう。

洗面+トイレ-2
洗面+トイレ-1-Edit

▶︎玄関土間に趣味のアウトドア用品を置いているS様。汚れを落とす時など使い勝手が良く、来客の方からも使いやすいと喜ばれる場所なんだとか。

UP_B-2_h1000
洗面-4

▶︎玄関から洗面室へダイレクトに行ける便利な間取り。シンプルな洗面台のまわりに並べられたアメニティがとても素敵ですね。

洗面トイレ-2
洗面トイレ-1_h1000

▶︎玄関を開けたらすぐ!洗面台をサニタリースペースから出すことで、小さなお子さんの様子も見守りやすくなりました。

人物カット-1
▶︎洗面台を玄関の近くに設置&洗面室の仕切りを設けないことで、帰ってきたらすぐに手を洗うことができます。

@仕切りを設けない洗面室|オープンにすることで広々とした空間に

あまり広さを取れないけれど、洗面室も開放的にしたい!そんな時におすすめの事例です。オープンなつくりにすることでパブリックな雰囲気を出せるので、来客の方も気兼ねなく使用できます。

浴室手洗い-7-Edit
▶︎まるでインテリアの一部のような洗面台。玄関の近くにあるので、お出かけ前のちょっとしたメイク確認なんかにも活躍しそうです。

 

水回り-1
▶︎充分な広さがなくても、扉をつけないだけでこんなに広がりを持たせることができるんです!洗面台の無駄のないデザインでよりスッキリとした印象に。

 

洗面浴室-2
▶︎EcoDecoスタッフ・天井の自宅です。決して広くはないものの、洗面室入り口の仕切りを無くし、浴室のドアをガラスにすることで開放的なスペースとなっています。

 

↓ Pinterestでもご紹介しています

まずはオンラインリノベーション相談室へ

リノベーションに関するあらゆるご相談に、幅広くお答えします。
リノベーションコーディネーターがオンライン上で無料個別相談会を行っていますので、
お気軽にご予約下さい。
まずは、じっくりとお話してみませんか。

リノベーション相談室へ

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア